読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Try Something New

この世界の秘密を見つけ出すために、どんなことでもやってみて、いろんなことを考えます。

シェアハウスに飽きるまで 大型シェアハウスに住んでみた

引っ越し

こんにちは、何にでも飽きるうたこです。

私は約一年半前に唐突に思いついて東京に出てきました。ですが、一人暮らしの費用はあまりにも高かったため「安いし」という理由だけで当時不安と期待をかき集めて流行っていたシェアハウスに住むことにしました。

住んだのは元社員寮だったマンションをリフォームしたシェアハウスで、50~60人くらいの男女共同のシェアハウスでした。まぁまぁそれなりに楽しく過ごせたのではないかな?と思うので、これからシェアハウスに住みたい! とか生きてるうちに一度くらい住んでもいいかもな、という方はぜひ参考にしてください。今回は大型シェアハウスをメインに考えてみたいと思います。

シェアハウスの探し方

f:id:utautan:20150625225621p:plain

今はいくらでもシェアハウスを探せるサイトがあります。見てみましょう。

SOCIAL APARTMENT

www.social-apartment.com

ソーシャルアパートメントの名の通り、大き目物件・大人数住んでいるところをたくさん扱っているサイトです。でも意外と価格帯は高め。設備充実なので仕方ないのかなぁ~。

ひつじ不動産

オシャレオモシロフドウサンメディア ひつじ不動産

ここもメジャーなサイトです。ファミリー向けのシェアハウスの特集があったりと、次から次へといろんなものに注目している感じ。結婚しても家族が増えてもシェアハウスって、なんだか変な感じがしますけど、むか~しでいうところの村みたいなものなのかなぁ。

東京シェアハウス

tokyosharehouse.com

オークハウス

東京都内を中心としたシェアハウスのサイトです。会社の近くとか住みたい地域で探すのにいいかな? 

www.oakhouse.jp

ここも同じく。カジュアルな感じの家が多かったような気がします。なんていうか。

SHARE PARADE

sharepare.jp

シェアハウスに関するいろんな特集記事があるので見てても楽しい。

シェアスタイル

www.share-style.jp

なぜシェアハウスに住むのか? 目的別に特集が組まれていたりするので、住んでからの交流もはかどりそう。英語が学べるって、いいな・・・。

シェアハウスにするメリットとは

1.初期費用が半端なく安くなる

普通に家を借りて一人暮らしをする場合、敷金・礼金・家具家電で30~50万近くかかってしまうところ、備え付けの家具もあるし食器も小物もいらないし、敷金・礼金もいらない!! 入居時にデポジットがかかる場合が多いですがそれでも3~5万円とか、一か月分の家賃なので、10万ちょっとで引っ越しできる点が何よりも最大のメリット。私も、一度目の引っ越しでは引っ越し代を含めて13万円くらいしかかかりませんでした。二度目の引っ越しでは12万円だったので、それくらいで引っ越しすることができます。シェアハウスだから荷物も少なくて引っ越し代も安くなっちゃうのです。

2.一人暮らしさみしくない! 家に帰れば誰かいる

住んでみてびっくりしたのが、普通に「おかえりなさ~い」「あれ? はじめまして!」とか声をかけられることです。心配することなく馴染むことができました。

3.リビングに行くとご飯を分けてもらえたりする

私はご飯を作るのが面倒で、いつも豆腐や納豆を食べているんですが、それを見かねた料理上手な人が「ちょっと食べる?」と食べ物をくれたり「一緒に飲もうぜ!!」とお酒をくれる人までいたりします。飢えてる私には最高でした。

4.なんだかんだでイベントを楽しめる

花火行く人いねぇ・・・季節もエンジョイできねぇのか・・・と鬱になる必要なし!! リビングで誰かが「花火今度近くであるって!」「何それいこー!」たったこれだけで楽しいイベントに参加することができるようになります。

5.旅立つ時もめっちゃ手伝ってもらえる

楽しいシェアハウス生活・・・でも、私また次の場所へ行くわ! そんな時でも引っ越しをめっちゃ手伝ってもらえたりします。段ボール運び、一人なら何往復かかっただろう?でも、3人でやれば3倍速! ありがたい限りですね。

6.家を出た後でも交流できる

またシェアハウスに遊びに行ったり、スノボいこーぜ! とかすることができます。なんだかだで、楽しい。シェアハウス。

シェアハウスのデメリット

いいことばっかり言って! 現実はそんなに甘くないでしょう!と思う方もいますね。まぁ私もそうです。

1.誰とも口をききたくない日でもすれ違ったら挨拶と雑談がはいる

まぁそういう日もありますもん。だって人間だものん。

2.面倒くさい人に捕まると4時間くらい夜通し会話することになる

これはなんでなんだろう。とりあえず逃げられなくなるタイプの人がいて、つかまるととんでもないことになります。

3.合わない人がいるとグループで遊ぶのも楽しくない

人間だから合わない人もいますよね。

4.風呂場から自分の部屋まで全裸で移動できない

一人暮らしだったらすっげぇ全裸ですよね?

5.寝起きのコンタクトレンズも入ってない時に「おめぇ誰だよ」って思いながら会話しなきゃいけない

近視だとこんな時にも大変なのです。

総合すると

でも、時期があいたらまた大型シェアハウスも住んでみたいな~って思いはしますね。一人暮らしでは絶対に得られないサイズのリビング、余裕のあるキッチン、いつでも誰かとかかわれる環境。楽しむ心意気があればとっても楽しい環境だと思います。

ただ、既に一人暮らしの人がシェアハウスに入ると、家具や家電が余ってしまって勿体ないかなぁ。社会人も数年目、なんだか自分の視野が狭まってきたわって人は、心機一転住んでみることもおすすめ。いろんな人がいて楽しめると思いますよ。