読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Try Something New

この世界の秘密を見つけ出すために、どんなことでもやってみて、いろんなことを考えます。

食べることには飽きない 稲荷町にあるハリマケバブ ビリヤニでひーひー言ってきた

こんにちは、異国の料理というのは家で再現するのが難しい分外でわくわくしながら食べるのが断然楽しいですよね、うたこです。

上野駅からも歩いていける稲荷町のあたりにあるインド料理屋さん、ハリマケバブ ビリヤニに行ってきました。

インドのお祝い事では必ず出されるというビリヤニが食べられるそうです。ビリヤニ、というのはインド風の炊き込みご飯のこと。お米の関係で日本の炊き込みご飯のようにしっとりねっとりという感じではないですが、ちょうどチャーハンとの間くらいの感じでさらさらっと食べられる食べ物です。

 

ある一部を除いては。

 

ということでビリヤニセットを頼みました!!! ラム肉もごろごろ入っています。あと、ものすごい量です。何グラムあるんですか。左下にあるのは、ライタと呼ばれるヨーグルトのようなものです。なぜ、こんなものが付いているのかというと・・・

f:id:utautan:20150517064219j:plain

 

辛いんです。

 

このライタをかけることですこーしだけ、すこーーーーしだけマイルドにできます。しかしながら、何種類ものスパイスが小さな槍となって舌から入り込み脳みそに直接攻撃をしかけてくるかのようです。なのに、なぜか美味しい。食べてしまう。辛い。辛いよー!!!!! 

日本には存在しない味、です。あぁでも美味しい。また食べたい。ただ、量がものすごく多いので食べきれない時は持ち帰っていいかを聞きましょう。入れ物をくれるみたいです。

そして、当然ながらこちらのお店にはカレーもあります! こちらも大ボリュームでとても美味しかったので、お昼休みにさっくり海外旅行でも、という方は是非行ってみてください。

tabelog.com