読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Try Something New

この世界の秘密を見つけ出すために、どんなことでもやってみて、いろんなことを考えます。

節約には飽きられない 家電量販店を個人的に価格徹底調査してきた

引っ越し 節約

こんにちは、時間はあるけどお金がないタイプの人間であるうたこです。

一人暮らしを始めるにあたって、当然ながら家電を買わなければいけません。家には何も備え付けられていないのです。これまでシェアハウスでゆるゆると暮らしてきた私には、中々大きな買い物、そして大きな荷物を抱え込むことになります。でも、何かを背負うことが、人間としての成長につながるのかも、しれませんね・・・

ということで、私は家電を買うことにしたのです。

価格変動が激しい

家電。価格変動が本当に激しいですね。一体いつの何を信じたらいいのかさっぱり分かりません。常に減価償却が行われている不思議な物、それが家電。私は人間ですし、そんなに潤沢な資産を持っているわけではないですから、できる限り安く買いたいという普通な考えに至るのももちろん当然でした。

私は、家電を購入する前、4日間家電量販店に通いつめました。まずは、何が必要なのか、どの性能のどの商品をいくらで購入するのかを見極めました。そして、欲しい商品が見つかったら、価格と口コミをネットで確認しました。

ネットだと、軽く1~2万円安くなる商品もあります。本当に何も信じられない。

家電を値引き交渉するには? 

値引き交渉、果たして本当にできるのかをまずは調べました。ネットで値引き交渉をした人の記事をチェック。そこには

  • ネット上の価格を調べていく
  • 日曜の夜を狙う(売り上げ目標に対してシビアになっているから)
  • 雨の日を狙う(お客さんが少ないから話を聞いてもらいやすい)
  • 月末を狙う(売り上げ目標に対してシビアになっているから)
  • 普通の店員ではなく、チーフとかマネジャーを狙う(権限!)

などが書いてありました。しかし、ネット上の価格との比較は、最近は中々うまくいかないとのこと・・・。価格.comが登場した当初は、戦闘意識満々で値下げもあったみたいですけど、今は「安いけど出所が不安な物」と「しっかり管理している家電のプロ」みたいな住み分けになっているみたいですね。

ならば、実店舗を全て比較しよう

ネット上と比較ができないのであれば、その他の家電量販店と比べてみるのはどうだろう・・・? と、引っ越し準備しかすることのないとある日に、私は一人で価格徹底調査にでかけました。これがその時のメモです。

f:id:utautan:20150601221611j:plain

朝から、新宿で、全ての家電量販店を回りました。

 

頭悪いですね。

 

でも、おかげで見えてくるものがありました。普通に、ヨドバシカメラが一番最安値で設定されている!!! ビックカメラヤマダ電機も、テレビはちょっと苦手っぽい。価格徹底調査済! と書いてあっても私の価格調査の方が調査できてんじゃん!! っていうのもちらほらちらほら・・・。

全てのデータを持って、日曜の夜、ヨドバシカメラ

そしてうたこはくたくたになりながら、理論上値下げしやすいという日曜の夜にヨドバシカメラに向かいました。

予算が○○円なので、なんとかこのあたりまで下げてほしいんですけど~と話し、店員さんが「いや~~~~~~~」と言いながら後ろに確認に行ってくれるのを見ていました。

まぁ、正直私は交渉事がびびるくらい苦手なので、押しは激弱です。だめなんです。できないんです。

それでも、なんとか、総額から4,500円の値引き・・・ポイントもついたことを考えると、ネットで買うのと同額くらいにすることができました。店員さん、本当にありがとうございました。

なんでもやってみるもんだ

たったそんだけ? と見るか、それでも頑張ったな―。自分としては最上の買い物ができたかな、と思うか。私は、初めての家電購入で自分で欲しいものを探し出せたし、家に置いてあるのを見るとにやにやしちゃうようなものを手に入れられたのですごく良かったと思います。

これから一人暮らしだ! という人は是非参考にしてみてください。