Try Something New

この世界の秘密を見つけ出すために、どんなことでもやってみて、いろんなことを考えます。

銀座の『大常』で野菜の美味しいうどんを食べてみた

f:id:utautan:20150604072511j:image

銀座にある、江戸時代から続く八百屋が始めたうどん屋さん『大常(だいつね)』に行ってきました。

大常@銀座

『太常うどん』は、江戸時代から5代続いている八百屋の卸、川北晃右さんが、「安心して、つゆまで飲み干せるうどんを作りたい」との思いでプロデュースしました。化学調味料を一切使わず、

  • 利尻産の昆布
  • 瀬戸内の煮干(いりこ)
  • 熊本産のうるめ
  • さぱ節
  • 鹿児島産の鰹節
  • 土佐清水産のそうだ鰹節

など、天然の厳選素材で出汁を取っています。醤油は兵庫県竜野の無添加のうすくち醤油を使用しています。

川北さんは、秋田県の稲庭うどんに魅入られてうどん好きになり、讃岐や加須を始めとした全国各地のうどんを食べ歩いたのち、本当に食べてみたいうどんを作って提供してみようと思うようになったとか。

2010年2月に銀座にこの『大常』をオープンしました。野菜たっぷりでヘルシー、夜にはお酒も飲めるお店です。

うどんにのっていた玉ねぎのかき揚げは、絶品! つゆに浸かっているため、サックサクの食感…という訳ではないのですが、玉ねぎの甘さと柔らかさがしっかり主張してきます。

香川県から取り寄せた小麦粉を、店内に設置された製麺機で打ちます。添加物の入っていない国産の塩を使って打ったものを1日寝かせてから提供しています。

銀座でうどん! オススメです。