Try Something New

この世界の秘密を見つけ出すために、どんなことでもやってみて、いろんなことを考えます。

のんべぇに朗報 飲み過ぎた翌朝の辛い手足のむくみを解決する方法を見つけた!

こんにちは、定期的に泥酔して翌日しにそうになっているうたこです。

お酒を飲んでも吐いたり眠り込んだり倒れたりするわけではない私が一番つらいのが・・・翌朝の手足の冷え! むくみ! そして謎の痛み!!!! 

f:id:utautan:20150720202532j:plain

むくみすぎてて本当に血が流れていなくて、痛いんです。これ、もう眠れなくなるレベルで痛いです。飲み過ぎた翌朝はこの手足の痛みで目を覚まします。このむくみの原因と、対処方法について調べ、そして自分の泥酔後の体で実験をしてみました。同じ状況に陥った方は、自己責任の上で試してみてください。

飲み過ぎでむくむのは何故? 

多くのサイトで言われているのは

  • お酒の飲み過ぎで血中アルコール濃度を下げるために血管に水分を取り込んでしまうから
  • 塩辛いおつまみのせいで血管に水分を取り込んでしまうから
  • アルコールで体が脱水状態になり水やお酒を過剰に摂取してしまうから

で、解決策は

  • 飲酒量を控える

飲酒量が控えられないからこうなってんだろうが!!!!!w

 

上記3つの原因や解決策ももっともなのですが、体の根本的な働きについても考えてみましょう。

うたこが考える飲酒によるむくみの原因

私が度々話題にあげている低血圧の話を思い出しましょう。

utautan.hatenablog.com

utautan.hatenablog.com

 アルコールを摂取すると、アルコールの力で血管が拡張します。それと同時に、血中にアルコールが増え、血中アルコール濃度が高まると危険を感じた体が血管に水分を集合させます。すると濃度自体は元に戻りますが、不要なアルコールは水分と共に腎臓へ行き体外へ排出されます。すると、拡張した血管に流れる血液の量が減り、血圧が下がります。

血圧が下がると、血管は全身に酸素・栄養素の供給と老廃物・余計な水分の回収という仕事がきちんと行えなくなります。そうして、回収しきれなかった水分が末端に残ってむくみになってしまうわけです。

おつまみの塩分の過剰摂取が・・・という話がありますが、塩分が血中に増えた時も水分がその塩分を一緒に取り除く仕事をしているので、「血中に塩分が増えてその濃度を下げるために血中の水分が増えてむくむ」というのはちょっと違和感がありますね。

むしろ、塩辛いおつまみというのはアルコールの摂取で血圧が下がってしまっている状態を解消するためのものなのです。塩は血管を収縮させる為に、血圧を上げる作用があります。お酒を飲んで、塩辛いものをつまむ、というのは血管の状態をプラマイゼロにするためのすごい策だったということなのです。

最近は塩分は悪いという話の方が多いのでそういう方向に行きがちなのだと思いますが、塩分もちゃんと仕事をしているのです。ただし、高血圧の持病がある方が塩分をしっかり摂ると血圧が上がりすぎてぶっ倒れるなんてことがありますので、自分の体と要相談してください。

むくんでつらすぎる時の対処方法

お酒を飲むとアルコールの力で血管が拡張し低血圧状態に陥るため、むくむ。という説より、血圧を上げるような対処をすればこのむくみを解決できることが分かります。

おうちで簡単に血圧を上げる方法はこちら

  • 20度前後の水を手足にかける
  • 塩少々を舐め、水を飲む

以上です!! 簡単! 何度も言いますが、高血圧の人はやめてね。

20度前後の水を手足にかける

外から冷やすことで、血管を収縮させることができます。それによって血圧が上がります。

塩少々を舐める

親指と人差指でつまむくらいの塩をちびちびと舐めます。同時に水を飲んでください。血流が増えることによって血圧を上げることができます。

別にやらなくてもいいこと

  • 水とお湯を交互にかける
  • マッサージをする
  • あたためる

水とお湯を交互にかける

水で収縮、お湯で拡張、別に繰り返す必要はありません。収縮だけしてくれれば大丈夫です。むしろ、温めるとより低血圧になるのでここではやらない方がいいです。

マッサージをする

マッサージによって、とある箇所を指圧することで微妙にそこにある血管の血圧はあげられるかもしれませんが、対して効果はありません。むしろ痛いです。

あたためる

より低血圧になってしまうため、痛みが増します。ただでさえ脱水状態なのであたたかいお風呂には入らないほうがいいでしょう。

実際にやってみた

私はこの飲み過ぎ後のむくみで大体半日は動けなくなります。痛くて痛くて、寝るしかなくて、寝ても治らなくて・・・。これも低血圧の話を考えてから気づいたのですが、寝ている間は血圧は下がっているので寝起きはアルコールと睡眠の相乗効果でめちゃくちゃ低血圧になってしまっています。そりゃ、痛い。そして寝ても治らないのは当然ですね。

で、冷水と塩少々をやってみたのですが、結構すーっと痛みが引いていきました。もちろん、それ以外の内臓の気持ち悪さはあるのですが、足のむくみによる痛み自体は30分くらいで感じなくなりました。

自分で展開した理論をもとに実験して上手くいくと、面白いですね!w

お酒が大好きで酔いつぶれてはむくみに悩まされているという方は、是非試してみてください。