読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Try Something New

この世界の秘密を見つけ出すために、どんなことでもやってみて、いろんなことを考えます。

うたことSNSマーケティング AmebaOwndで無料で簡単メディアサイトを作ってみた

副業

こんにちは、やばい早くLINE@の設定しなきゃ・・・うたこです。

とあるお店のSNSマーケティングを始めてから3か月程経過しました。

稼働しているSNSは下記です。

これから設定するもの

  • LINE@

そして、LINE@の設定が終わっていないにも関わらず新たなサービスを使い始めました。今活用しているFacebookページやTwitterアカウントをまとめ、より詳細な情報を発信していこうと思ったからです。

AmebaOwnd

www.amebaownd.com

サイバーエージェントの提供している、無料でサイトが作れるサービスです。簡単なテンプレートあてはめ式のもので、デザインを選び、必要箇所に画像を入れたり各種SNSと連動したりすれば形になります。

一部、あまりにも直観的な操作過ぎて対応できない部分もありましたが、ヘルプを読めばだれでもできるんじゃないかなと思います。

私がお店のページを作るうえで参考にしたのは、スターバックスのページです。

starbucks.amebaownd.com

パッと見でわかりやすく、余計な情報がなくていいなと思いました! 

引き続き活用し、SNSマーケティングの効果などをまとめていきたいなと思います。

SNSマーケティング現在の成果

  • Facebook:適度に情報発信し、ただいまのいいねは260件超え! 
  • Twitter:フォロー・フォロワーは少数、まだあまり使いこなせていない
  • LINE@:そろそろ設定しよう
  • AmebaOwnd:総合的に、そして詳細の発信! 

いいものを作ればシェアされるという甘え

AmebaOwndのページを作っているときに、「こういう風に記事を書いておいて、よいと思ってもらえればシェしてもらえます。」と話した時に「シェア?? なんシェアするの? するとその人に何かいいことあるの?」と聞かれはっとすることがありました。

Web系の中にどっぷりつかっていると、シェア文化が当たり前になっていますが、そうなんですよ、シェアって別にやってもいいことないんですよね。ポイントもらえるとか、お金もらえるとかそういうわけじゃない。その人にとってその情報が、誰かに伝えておきたいものだったとか、興味を惹いて行動に繋げたくなるようなものじゃないと何にも意味はないんですよね。

最近、スクショでシェアされてしまうから作る側は困る、なんていう記事がヤフトピを飾っていましたが・・・これこそ、いいものを作ればシェアされる、俺たちはいいものを作る、だからシェアされて当然だという驕りだと思いました。シェアされるべきものをきちんとした形でシェアしないユーザーに困った、みたいなのはなんか違いますよね。そもそも、見た人にシェアする義理なんて全くないわけで、シェアボタン押すとTwitterなりFacebookなりの情報がその記事元に取られることを考えると、スクショで共有したほうが安全なわけですし。

私はそんな大規模に展開するものではないですが、たくさんの人に見てもらいたいという気持ちは持ちつつ、伝えたいことを伝えられるページにしていきたいなと思います!