読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Try Something New

この世界の秘密を見つけ出すために、どんなことでもやってみて、いろんなことを考えます。

ダイエットに飽きちゃだめ! 太りやすい体質の私はグリーンスムージーでデトックスを始めました

こんにちは、太りやすい体質代表のうたこです。

シルバーウィークの間に更に3キロ増量した私は、大慌てでグリーンスムージーによるデトックスを始めました。まずは、太りやすい体質について考えてみたいと思います。

太りやすい体質とは

世のダイエットにチャレンジしたことのある皆さん、「太りやすい 体質」でネット検索をかけたことはありますか?? 

この言葉で検索をかけると、たいていの場合「基礎代謝が低いせいなんです!」と出てきます。そして、「基礎代謝を上げるために運動・筋トレをしましょう♪」という流れになるのが世の常です。

ですが、私が声を大にして言いましょう。

 

太りやすい体質=基礎代謝が低いなんて大間違いだ!!

 

ちなみに、問題の基礎代謝ですが、私は何故か筋肉量は意外とあったので標準かちょっと高いくらいの基礎代謝があります。今も、1,260kcalくらいはあるのでまぁ十分でしょう。

にも関わらず、私の体は息をしているだけでも太るというレベルで太りやすいです。私が初めてダイエットを意識した年齢は、10歳。クラスの男子に足が太いと言われたからです。

周りの友達は皆、肥満度マイナスの細い子ばかりだったのに、同じ給食を食べていても私だけがちょい太。なんでや? と思い続けて最初のダイエットを行い、3キロ痩せたのが14歳。その頃から、体重を気にせずに過ごしたこともなければ、「気付いたら痩せてたの」なんて経験もしたことはありません。

少しでも気を抜いて食べると太る。

これが私です。

では、何故体質で太るのか

太りやすい体質の人によくあるのが「本人は食べていないと言っても実際はかなりの量を食べている」です。これは正直あると思います。

私は満腹中枢がぶっ壊れていて、お腹の張りと痛み以外で満腹感を感じることが困難なので、胃袋の容量が限界を迎えるまで食べ続けてしまうのですね。困った困った。

もう1点は、「食べる量を一生懸命減らしても異常なまでに吸収する」というところだと思います。いつかくる地球の危機に備えて、餓死しないようなからだづくりをしているんだと思います。これに関しては、内臓の性質なのかなんなのか全く分かりません。

  • 満腹という概念がない
  • 吸収能力の高すぎる内臓

基礎代謝がどうというより、本当にどうしようもない体質の部分、この2点で太りやすくなっているのだと、私は考えています。

(だから、むやみに「運動しよ♪」とかって望みを抱かせてほしくないよねほんと)

太りやすい体質の人のダイエット

私は食べることが好きです。それは

食べ物 カテゴリーの記事一覧 - うたこの飽きるブログからも容易にお分かりいただけることだと思います。

でも、だめなんですよ。太りやすい人は、食べてはいけないんです。ていうか、全然食べなくても余裕で生きていけるんです。超低燃費なんだから。にも関わらず食べることが好きであるがゆえに・・・くっ・・・。

太りやすい体質の人がダイエットをするには、「食べる」という行為を忘れてしまうしかありません。そう、食べるなんて、そんな行為はこの世界には存在しないのです。

2XXX年 栄養補給の方法はスムージーのみになった

随分と、長い時間が流れた・・・2015年に急速冷凍によって保管された私の体は、2XXX年にやっと長い眠りから叩き起こされたのである。

日本は少子高齢化の影響で急速に人口が減少してしまった為に、各年代のサンプルを保管し、将来必要になった時に解凍・繁殖をさせるという驚きの方法によって種を保存していた。

ちなみに、私のサンプル名は「太りやすい・天パ」である。全くもって失礼な国だ。

私が叩き起こされたのは、まさに今の人類が「奇妙なまでに痩せ型」であり「黒髪サラツヤストレート」になってしまったからである。

解凍初期に、一部の人間の好みの問題でモデルのような人ばかり採用していた結果、こうなったらしい。だが、そのような人間はそれなりに虚弱でもあった。過酷な環境で生きる日本人に、もう少し強さが欲しいと解凍されたのが私だったのである。

全くもって失礼な国だ。(二度目)

目を覚ました私は、生活する部屋に案内され、解凍後初めての食事を取ることになった。なにせ・・・何百年? ぶりの食事だ。私は浮足立って説明を聞いた。

 

そして・・・絶望した。

 

今の地球には、「食事」というものがない。あるのは「栄養補給」だ。

生きていく上で必要となる栄養素だけを、効率的に摂取する! 私が冷凍されて20年もすると、そういう風に国の方針が変わったらしい。今まで1日に3回、各1時間くらいはあった食事の時間は、GDPだかなんだかを上げるために費やされているようだ。

こんなことなら解凍されるんじゃなかった! と思ってもどうしようもない。せめてその栄養補給を楽しもうと考えた。

そして、その栄養補給がこれだ。

f:id:utautan:20150925220617j:plain

  • ほうれん草 4束
  • セロリ 3分の1

を、ジューサーで混ぜあわせたもの。

f:id:utautan:20150925220622j:plain

これだけ?!?!?! 

1食分は、これで十分らしい。昼食の時間にはもう少したんぱく質の含まれたカロリーの高いスムージーが、夕食は再度ヘルシーだがきちんと栄養を抑えたスムージーが提供されるそうだ。

これだけでも人間って生きていけるの?! と思ったが、そこで気がついた。今の人間が痩せているのは、きっとこのせいなんだ・・・。

統制された食事栄養補給に少しげんなりしながらも、これなら私も痩せられるな・・・。と考えた私の思考回路は、何百年前の眠る前から一切変わっていないことに気付き、くすりと笑みをこぼすのであった。

さぁ、スムージーで栄養補給しよう