Try Something New

この世界の秘密を見つけ出すために、どんなことでもやってみて、いろんなことを考えます。

スウェーデン発フェールラーベンの『カンケンリュック』が可愛い

街中で見かける、狐(きつね)のマークが可愛い四角い形のあのリュック…あれは一体? 生地もしっかりしていそうだし、とにかく可愛い。

気になるあの狐のリュックの名前は「カンケン」と言います。スウェーデン発のリュックということですが、一体どういうリュックなのか?! 調べてみました。

フェールラーベンのカンケン

街中でよく見かけるあのリュックは、FJALLRAVEN(フェールラーベンの)のKANKEN(カンケン)というもの。なんだこの言いにくい覚えにくい名前は、と思ったらスウェーデンからやってきたリュックのようです。

f:id:utautan:20151020220430p:plain

FJALLRAVEN(フェールラーベン)とは

フェールラーベンは1960年にスウェーデンで生まれたアウトドアブランド。自然と一体となるアウトドアライフを大切にしており、真の快適性を追求しているブランドです。

スウェーデン王室ご用達ブランドに認定されており、様々な鞄の中でもこのカンケンバッグが人気だそうです。

KANKEN(カンケン)とは

カンケンというのは「持ち運ぶ」という意味で、リュックなのですが持ち手もついており、手提げかばんとしても使うことができます。このちょっと変わった形はストックホルムの電話帳をモチーフにしているそう。

1978年に主流だった肩掛けショルダーバッグの影響で背中の痛みに悩まされていたスウェーデン国民のために開発されたのがこのバッグだそうです。

どれだけ重たい荷物を持って歩いていたんでしょうね、スウェーデンの人は…。

素材はビニロン! 

ビニロンとは合成繊維です。合成繊維の中で唯一吸湿性があり、コットンに似た風合いがあります。軽く、摩擦にも強いため長く使うことができます。虫や細菌にも強く、耐光性があり、直射日光に当てられても変形しにくいです。本当にアウトドアにぴったり! といった感じですね。長く使える鞄というのはありがたいものです。

そんなビニロンという素材ですが、なんとこれ日本が世界で初めて事業化した素材なんですって!! 衣料用には向いていないちょっとゴワゴワした素材なのですが、そんな欠点を最高に生きる場所にもっていってくれたわけですね。

デザイン

f:id:utautan:20151020222330p:plain

1978年からほとんど変わっていません。流行を追わず、ず~っと使っていられる、シンプルで飽きのこないデザイン! かわいい!!

その他の機能

  • 背中に保護パット! パソコンとか入れても痛くない
  • スーツケースみたいにがばーっと開くので荷物の出し入れが簡単
  • サイドポケットもあって便利
  • キツネのマークは反射板になっている! 夜道でも安心 
  • 子供向けサイズもあり家族で愛用できる

色がめちゃくちゃたくさんある!!! 

f:id:utautan:20151020222512p:plain

そして、このカンケンバッグの可愛いのは、色がたくさんあるところ!! お店でみかけてもめちゃくちゃ目を引きます。季節によって限定色も出ていたりするので、何個も買って色違いで使いたくなります。

いや、そんな余裕はないんだけど…。

可愛いし機能的なカンケンバッグ

いやこれもう、買うしかないやろ…。可愛いよ…。でも、ちょっと、ちょっと高いよね。私は今、海外Amazonで買ったら安くなるんじゃね? とか考えているよ。ドキドキの海外お取り寄せ?! 可愛いなぁ、いいなぁ。

ミニサイズやキッズサイズもあるので、家族全員で揃えるのも素敵だと思いました。人気がありすぎて、いたるところで品切れをおこしているようです。見つけたときが、買い時かもしれません!