読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Try Something New

この世界の秘密を見つけ出すために、どんなことでもやってみて、いろんなことを考えます。

興味は尽きない 部屋の片隅で心を癒やしてくれるテラリウムとやらに手を出してみた

インテリア

こんにちは、お手軽サイズの癒しがほしいうたこです。

アクアリウムは水槽と魚の芸術ですが、テラリウムというのがあるのをご存知でしょうか? 

アクアリウムとテラリウム

水と土、さてどんなふうに違うのでしょうか。

アクアリウム

アクアリウムとは、こんなのです。

f:id:utautan:20151022231210j:plain

水槽の中に見たことのない世界が広がっています。

f:id:utautan:20151022231234j:plain

こんなの作れるのって、神様くらいじゃなかったの? って思いますね。

テラリウム

テラリウムは、水や魚がいなくて土、石、ちょっとした植物でできていることが多いです。

コーヒーポットの中にもこんな世界が。

f:id:utautan:20151022231519p:plain

どんな入れ物でも作れる! コケや多肉植物を入れるとより雄大な世界に。

f:id:utautan:20151022231602p:plain

コケ好き、多肉好き注目!「テラリウム」初のつくり方ガイド登場 - 草思社のblog

これは、古代遺跡みたいな雰囲気があります! 

f:id:utautan:20151022231746j:plain

あぁぁこういう小さな世界に物語があるのって最高に可愛い。

f:id:utautan:20151022231845j:plain

と、見ても見ても飽きないアクアリウムとテラリウム。正直、アクアリウムは魚もいるし水もあるし、手入れが大変そうだなぁ~っていう感じがあるのですが、テラリウムは植物を入れたとしても霧吹きでシュッシュすれば大丈夫だったり、参入障壁はちょっと低め。

気になったがそのタイミングなりー! ということで、さっそく探しに行きました。

東急ハンズに小さいコーナーができていた

東急ハンズにありました。事前にネットで調べて見つけていたテラリウムのセットです。ここではばら売りもされているので、ほしいものだけ選んで買うことができますね。

f:id:utautan:20151007221100j:plain

シャレオツな人がプロデュースしているようです。うわ、この人もう私の年下じゃん! こええ! 

f:id:utautan:20151007221106j:plain

セットで販売されているものもあれば、下に敷く砂利が色んな色で売られています。

f:id:utautan:20151007221114j:plain

もけもけっとしたものもありますね。小さく小売販売されています。

いや、これ大量買いしたら当然もっと安く手に入りますよ!! でも、おしゃれな人はちょっとした作り物に小さくて高いものを買って帰っちゃうものなんですよ。

f:id:utautan:20151007221124j:plain

近くに東急ハンズがない! とか、買いに行くのが面倒! という方は、安心してください。ネットでも買えますよ。これも、ある程度自分のほしいものをカスタマイズできるのでいいと思います。

 

 

 

作ってみよう!!! 

ということで、私は部屋中Wickedですので緑色の材料でそろえて買ってきました。人間も入れたかったので、別途鉄道模型に使用する人間を買いました。

作るというほど難しいものではないのですが、とりあえず順番にビンに入れてみましょう。

f:id:utautan:20151007221132j:plain

まずは、砂利をビンに入れます。

きれいな緑色だ! 

f:id:utautan:20151007221138j:plain

その上にもけもけを置きます。一気に森林感が出ますね。

f:id:utautan:20151007221144j:plain

あと、サボテン的な植物を入れます。こいつには数日に一度霧吹きで水をふりかけてやる必要があります。

f:id:utautan:20151007221150j:plain

人間は、色を塗り替えてから入れたいので、とりあえず一緒に買ってきたドラゴンを入れました。

f:id:utautan:20151007221157j:plain

完成!!! 

 

あれ、すっげぇ簡単なのにエルマーの冒険みたいな雰囲気が漂っていて可愛くない?

 

―――森に棲む一匹のドラゴン。緑色の広がる世界で、彼はたった一人「黒色」だった。

緑色の世界で異質とされたドラゴン、彼はいつもひとりぼっちだった。あんな色をしているのにはきっと訳があるはずだ。彼は悪いドラゴンなんだ! 彼はただ見た目が他の動物たちと違うというだけで、あることないこと噂されていました。

 

一人でいることにも慣れてしまい、一人は一人で楽しいし、自分の意思を最大限に尊重して生きられる生活を、彼は大事にしていました。

周りの人は、自分のことを「悪い奴」だというけれど、周りの人は会う人ごとに態度を変えたり意見を変えたり、同じ話に対して怒って見せたと思えば次はニコニコ笑ってうなずいたりする。まったく不思議なことだなぁ、と、そう思っていました。

緑の世界の人たちは、そんな日々にイライラとどす黒いものを溜めていっていたのでしょうか、ある日「ドラゴン退治」をしようとします。今、みんなが苦しいのはあの黒いドラゴンがいるせいだと。

 

彼は襲い掛かってくる人々から逃れつつ、僕は何も悪いことなんてしていない! 悪いのは・・・悪いって、一体なんなんだ?! と叫びました。逃げて逃げて、それでも人々を傷つけることはしませんでした。

 

ですが、余りにもたくさんの人々の憎悪に包まれた彼は絶望し、「退治」されてしまいました。

 

そのあと、緑の世界は平和になったのでしょうか・・・? 

 

黒いドラゴンが死んだ次の日、白い肌の女の子が生まれました。緑色ではない彼女に緑の世界はどんな目を向けるのでしょうか。

 

 

 

やばい。

ビンの中の黒いドラゴンがめちゃくちゃ愛おしく見えてきた。

 

楽しく、自分だけの物語を作ることのできるテラリウム! 一人暮らしでも小さなスペースがあればできるし手入れも簡単。癒しのほしいあなたにおすすめだ!