Try Something New

この世界の秘密を見つけ出すために、どんなことでもやってみて、いろんなことを考えます。

甘いものに飽きたいけど フィリピンの美味しいおやつ「ポルボロン」を食べてみた

こんにちは、寒さで指先を痺れさせながらブログを書いているうたこです。

突然ですが、これ、なんだかわかりますか? 

f:id:utautan:20151207084713j:plain

ポルボロン

これは、スペイン発祥の「Polvoron(ポルボロン)」というお菓子です。スペインのアンダルシア地方で生まれたショートブレッドで、クリスマスの時期に食べられていた伝統的なお菓子です。そんなポルボロンは、今はフィリピンやセブ島の美味しいお土産として人気です。

フィリピンは300年以上スペインの支配下にあったため、食べ物や文化面でスペインの影響を強くうけているそう。(300年もあったらそりゃそうか。)

セブ島といえば、まいどドライマンゴーやバナナチップスを買って帰ってませんか? 今度のお土産は是非ポルボロンにしましょう! 私はこれ、めっちゃ気に入りました。美味しい。

どんなお菓子? 

ポルボロンは、一見クッキーなのですが口に入れるとほろほろほろ~~~っと崩れていってしまうもろいお菓子です。オーブンで空焼きした小麦粉を使用することで、この不思議な食感を生み出しているそうです。日本のお菓子で言うと、沖縄のちんすこうに似ているかな? ちんすこうが好きな人はポルボロンも好きだと思う! 

粉末ミルクとマーガリンやバター、その他フレーバーなんかをつけて色んな味のものが売られています。食べ比べてみましたが、うん、ここはあくまでフレーバー、入ってるナッツの微妙な違いはあれども大体おんなじ感じでした。でも、その小さな違いがかわいらしく、そして美味しい・・・。

口中の水分を持っていかれますので、コーヒーやミルクと一緒にティータイムにするのがおすすめです。

カロリーは1個あたり50kcalくらいなので、食べ過ぎは厳禁です。(私はこの日12個ものポルボロンを食べました。終わってますね。)

ちなみに、最初の写真はクッキー&クリームのフレーバーのものです。アクセントのチョコクッキーがめちゃくちゃ美味しかった。

 

ちょっと贅沢なチョコがけポルボロンもあります。セブ島に行ったら、ドライマンゴーよりもポルボロン! 「地元の人におすすめされてさ」って差し出せば、海外にこなれた人になれるはず!w