Try Something New

この世界の秘密を見つけ出すために、どんなことでもやってみて、いろんなことを考えます。

スマホ端末が気になる HUAWEIのP8liteについて調べてみた

こんにちは、スマホ端末について調べているうたこです。

年末年始のセールに乗じて買えたらラッキーかもなぁと思いつつ捜索中。私のスマホの選び方はとにかく「見た目重点!!」売り場で見かけたかっこいいものだけ、調べています。

HUAWEI P8lite

f:id:utautan:20151227221210p:plain

このスマホは、裏面とかがシュッとしていてかっこいいんです。

f:id:utautan:20151227221405p:plain

iPhone6以降のデザインと似ているかも。あのアルミっぽい感じの仕上がり! かっこいいですよねー。未来っぽくて。

私がかっこいいと思うものって大体「宇宙っぽい」か「未来っぽい」なんで、周囲の人には確実に「こいつ頭悪いな」と思われてると思います。

8コアで頭がいい

HUAWEI P8liteの特徴は、オクタコア(脳みそ8つ)で頭がいいところにあります。高速&同時に処理ができるのでサクサク使えるというもの。バッテリーの持ちもよさげで、MicroSDが入るから容量が足りなくなったらそっちにどんどんぶち込んでくださいとのこと。それはiPhoneにはできないことだったから、便利ですな。

画質と音質

これらも自信のあるところだそうです。側面についているボタンですぐさま写真が撮れるらしく、カメラ起動で撮影チャンスを逃している私にはかなりいい機能かと。

店頭で触ってみて

画面は今使っているiPhone5Sに比べると大きいです。上の方まで指が届かないな……と思っていたら、ワンハンド操作ように画面を縮めることもできるみたい。なんか、コレに関しては絶妙だな……と思ったけど、うん、まぁ便利っちゃ便利か。

ネットで調べてみて

価格コムでは26,800円から販売されています。格安スマホで人気のZenfon5と同等の金額で高スペックなんだとか! 

また、単体で購入するのではなく各種SVNOの購入キャンペーンを活用して安く買うのが賢いみたい。それでも3万円という価格でここまでの性能が手に入るのはすごいことで、製品発表会で「コストパフォマンスモンスター」と紹介されたのは伊達じゃないってさ。

私が気になったのは、この記事で紹介されていた「モーションコントロール」!

ascii.jp

事前に文字を登録しておけば、ロック画面でするっとその文字を書くだけで該当アプリが立ち上がると。つまり、「T」でTwitter、「F」でFacebookが開くように設定できるってことでしょう? めっちゃ便利じゃん。ワンモーションでアプリにたどり着けるじゃん。これ、店頭でやらせてほしかったなぁ。

consumer.huawei.com

うたこの感想

これもいいと思うんだよなー……かっこいいし。見た目が。あと機能いっぱいだし。さっくり動いてたし。それに、なんかあんまり聞いたことない会社だし。あと、ウェアラブルもあるのがいいなーと……ちょっとAppleっぽいけど。活動記録とりたいし。次はウェアラブルについて調べてみる。