Try Something New

この世界の秘密を見つけ出すために、どんなことでもやってみて、いろんなことを考えます。

すごくお腹が空いた時に考えがちなこと

こんにちは、運動により年末年始の体重増加を無理やり戻したうたこです。

ただし、とてもお腹が空いています。

空腹

空っぽの腹と書いて空腹。

胃袋はぎゅりりりとたまに悲鳴を上げます。

この空腹はどこから来ているのか? 胃袋が収縮活動を行っているということは、脳みそが求めている食欲ではない。胃袋が実際に空になっているのだろう。

だが、今食べたいわけではない。

明日の朝ごはんだ。朝ごはんに食べればいい。

朝ごはんに何を食べようかな。じゃがいもの薄切りとチーズで、ポテチーズ。目玉焼きは当然2つ。あと、ごってあっらっぽー!!! も食べよう。確か賞味期限ギリギリだ。

……足りるのかな。時間があれば焼き魚も食べたい。というか、焼き魚はめちゃくちゃ食べたい。なんらかのスープをつくればお腹にたまるかな。

ごってあっらっぽー!!! と玉ねぎをブイヨンスープにしようか。

何品になった? 3品だ。朝からそれだけ食べられれば満足か。あとはノンカロリーの無糖のブラックコーヒーで完璧だな。

明日。明日の朝になれば食べられる。

お布団に入って、寒さをごまかしながら眠りにつき、変な夢を見て途中目覚め、そのまま無理やり別の夢のなかに侵入する。

朝になれば目覚まし時計が爽やかになり、腕に漬けたFitbitは振動で私を起こそうとするだろう。だが、この空腹、きっと明日の私を起こすのはどの目覚ましでもない、私の下腹部で(本当は肋骨の下に収まって欲しいけど、胃下垂だから)もにもにと活動する胃袋だ。

そうだ、胃袋、君に明日の手綱を渡そう。いいかな、肺兄弟、腎臓、脳みそ親分は無駄な食欲を発揮しないように気をつけてくれ。どうした右手。爪が伸びてるから切って欲しいって? 分かったよ。爪が伸びていると落ち着かないもんな。

なんだ、左足親指は何を言ってる? 足指全体の扱いが雑だって? なんだよ、寝る時にはルームソックス履いてるだろ? それは暑いと。なのに、普段は寒すぎだと。いや、わかるけど君ら末端にいすぎなんだよ。着る毛布にも収まりきらないだろ。寒いならもっと積極的に中央に集まってこいよ。

え? 中央にいるのに空で辛いって……いやだからお前が空なのはもう分かってるんだよ。そんな空っぽの胃袋に血を送ることでさらにその空腹を加速させることになるって、分かっててやってる心臓の身にもなってやれよ。

うん……そうだよな、心臓は全体に送ることしかできないもんな、血。1か100かの世界なんだよな。いや何も悪くないよ。世の中にはそういうはっきりした何かっていうものがさ、大事なんだよ。生きてるか死んでるか、全てを握っているのが心臓、お前なんだからもっと自信持てよ。毎日拍動しているだけで進歩がない……? 加齢により体内細胞は日々死滅し数が減っていくばかりだと。心肺機能も低下の一途。そうか、皆不安なんだな。

少しずつ仲間が減っていっている様を目の当たりにしているのはお前らなんだよな……すまんな。せめて子でもはらめば、新しい細胞の誕生にちょっとは元気が出るだろ。その分私本体の細胞は削られるけど。

まぁまぁ、今日も明日も私の体として頑張って生きてくれよ。明日の朝ごはんは豪華になる予定だ。存分に栄養補給してくれ。

寝よう。

空腹は

明日へと繋ぐ希望の架け橋