Try Something New

この世界の秘密を見つけ出すために、どんなことでもやってみて、いろんなことを考えます。

縮毛矯正に飽きた 縮毛セミロングになり、今日も快調にうねってます。

こんにちは、脱縮毛矯正チャレンジャーうたこです。

2015年5月に縮毛矯正していた部分をバッサリ切り、ベリーショートからショート、ボブ、セミロングへと変化してきました。すべての長さでどんな髪型になるのか試す予定です。今回はセミロング! 

前回のおさらい

2016年10月くらいに美容院に行った時は、これくらいの長さでした。首に少しかかるくらいです。シャンプーはワンプッシュで十分泡立つ、そんな長さです。グリースを水でといてセットする感じでした。

f:id:utautan:20160319123331j:plain

そこから、面倒臭がってなんと5ヶ月も美容院をサボりました。そう、そもそもめちゃくちゃ面倒くさがりなのでね。

その間に髪はどんどんのびていきます。シャンプーは1.5プッシュないと足りないようになりました。ですが、くせ毛の楽なところはぐちゃぐちゃでも訳がわからないところ。ハーフアップでもひとつくくりでも、どこかの毛はふわふわと舞っているのであんまり適当な感じがしません。

これはめちゃくちゃラッキー! と思いました。なので適当にくくってやり過ごしていました。すみません。

その後、購入していたシャンプーとコンディショナーが底をついたため、大変だ! と思い美容院に駆け込みました。だいぶプリンにもなっていたので染め直しも兼ねて。

うたこの縮毛セミロング! 

はい! ということでセミロング(?)はこんな感じになりましたー! 首がほとんど隠れました。

うねっているので果たしてセミロングなのかよく分からないかもしれませんが、この長さだと水に濡らすと肩につくくらいになります。

真ん中くらいから下のうねりが弱いのは、この時のストレートパーマが未だ残っているからだそう。

f:id:utautan:20160319123504j:plain

セミロングのセット方法

これもだいぶコツを掴んできました。面倒な時はハーフアップかひとつくくりでもOK。うねりを活用したい時はこちらをぜひ参考にしてください。

  • まず全体を濡らします。

全体を濡らすのは、この後付けるムースをまんべんなく行き渡らせるため! このムースの付き方にむらがあると、乾いた時に一箇所だけ膨張したりしてバランスが悪くなります。

  • 全体を濡らしてタオルドライをしたら、そのまま10分くらい自然乾燥をします。

私はこの間に化粧をしています。

  • ムースをピンポン玉3つくらい出し、とにっかく全体にまんべんなくつけます。
  • 髪の位置をセットします。
  • 最後にもう1玉分出したら、顔の横、髪の裾部分をくしゅくしゅと強くうねらせます。

直毛の人には作り出せないくしゅくしゅパーマの完成!!!w 

簡単です。あとは自然乾燥するだけ! 前髪は長いので横に完全に分けています。分けた前髪の裾もきちんとうねるのですごいスタイリングしてる感がでます。でも、ただのくせ毛です。

次はロングだ!!! 

さて、うねるがゆえに中々長さが出ない私の縮毛ではありますが、次はロングに挑戦したいと思います。美容師さんによると、重みが出るから裾だけがふわふわになっていい感じになるのでは……? とのこと。私としては頭頂部にあふれるボリュームで頭がでっかくなるのでは?! という心配もありますが、とにかく何事もやってみるしかないので、ひたすらに髪を伸ばそうと思います。

しかし、最後の縮毛矯正が2014年6月、ここにくるまでになんと1年9ヶ月もかかりました。縮毛矯正を脱出するのは本当に大変ですな。。 

全国の縮毛の皆さん、諦めずに縮毛を活用して、頑張りましょう……!