Try Something New

この世界の秘密を見つけ出すために、どんなことでもやってみて、いろんなことを考えます。

食べることには飽きない 高級おフランス料理をエスキスで

こんにちは、きちんとしたフランス料理のフルコースを初めて食べたうたこです。

銀座にあるお高いフランス料理屋さん、エスキスに行ってきました。…いや、語弊があるな、とある機会に連れて行っていただきました。社会勉強ってやつです。

エスキス@銀座

ビルの入り口からしてキラキラしています。安倍総理からの花とか、飾ってありました。

丁重におもてなしされる経験ももちろんありませんので、私は終始挙動不審です。ワインもたくさん飲んだため記憶も曖昧ですが、美味しいお料理だけ紹介したいと思います。

f:id:utautan:20160607221541j:plain

こちらは豆系の何かのジュレ。前菜ですね、フランス料理というのはこういったお野菜系のムースやジュレで始まることが多いようです。

f:id:utautan:20160607221542j:plain

この花びらにまみれているものは、アスパラガスです。どこか特定の地域のもので、その地域を選んだことにも意味があるようでした。2種類のチーズがふりかけられており、ふんわりと濃厚な香りが漂います。

アスパラガスをこんなに慎重に食べたのは初めてです。

f:id:utautan:20160607221543j:plain

合間に出てくるパンです。ブレッドって言った方がかっこいいのかしら。バターも美味しかったし、塩に至っては店名であるエスキスの頭文字、「E」をかたどっていました。芸が細かい! さすが! 

f:id:utautan:20160607221544j:plain

続きまして、ちょっと特別なウニがハムとカブに巻かれているやつ、です。スープと一緒に食べることで口の中は非常に複雑になります。

f:id:utautan:20160607221546j:plain

このあたりから「フランス料理というものは一皿一皿にものすごいストーリーが描かれている。そのストーリーは至極複雑で、味についても明言することが難しい」ということが分かってきました。

(下の写真はスープが注がれる前)

f:id:utautan:20160607221545j:plain

こちらの、一見脳みそのようなキノコ、はシェフの出身地に生えているキノコだそう。もきゅもきゅとした食感で、ソースと絡めるととても美味しかったです。

だがなにぶん見た目のインパクトがすごい。

f:id:utautan:20160607221547j:plain

続いて、魚の焼いたやつです。

昆布が波間を表しており、そのほかソースや、岩のように見立てたもの、海藻のようなものが添えられています。だんだんと物語が読み取れるようになってきましたね。

f:id:utautan:20160607221548j:plain

こちらは分断されし頭と胴体、海老です。もちろんただの海老ではなく、いい海老です。

ただただ私は、この頭部分の存在が気になってたまりませんでした。

f:id:utautan:20160607221549j:plain

 

断末魔の叫び…?? 

 

フランス料理は非常にたくさんのものを表現してくれます。

f:id:utautan:20160607221550j:plain

肉ですね!!!! 良質な脂の肉です。

f:id:utautan:20160607221551j:plain

これはなんだと思いますか? 

デザートなんですって。珍しいバナナの間にチーズやトリュフを挟んだもの、です。

f:id:utautan:20160607221552j:plain

かすかな甘味と、チーズの塩気が何とも言えない大人なデザート。一口で食べたくなるようなサイズでしたが、10口くらいに分けて食べました。

f:id:utautan:20160607221553j:plain

まだデザート。こちらは南国のフルーツのムースです。ぷちぷちした種がのっていて、結構パッション! 甘酸っぱい。

f:id:utautan:20160607221554j:plain

最後に、雑穀米的なものものっているデザート。こちらはきっと、農家とか畑とかをイメージしているものだと思います。

f:id:utautan:20160607221556j:plain

フランス料理とは、絵画のようであると思いました。芸術家であるシェフが皿の上に物語を描く。

なんとも不思議な空間です。いい勉強になりました。

tabelog.com