読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Try Something New

この世界の秘密を見つけ出すために、どんなことでもやってみて、いろんなことを考えます。

ポケモンGOに学ぶ 同じような性質を持つ個体は同じ空間に存在できないということ

思考・分析

こんにちは、ポケモンGOレベル21のうたこです。

f:id:utautan:20160730201001p:plain

ポケモンはやったことがないので懐かしさもないし、戦い方も知らないのでとても弱いです。ただただ、歩いていると捕まえられるのが楽しくて歩き回っていた結果こうなりました。

さて、ポケモンをたくさん捕まえていると「かぶっている」かつ「弱い」個体はどんどん博士に送って飴にしてしまいますよね。これって人間社会でも全く同じことが起こっているって気付いていましたか?

組織の中の人間

どこでもいいですが、組織を一つ取り出してみた時にその中にいる人たちのタイプはある程度いつも一定になっています。

フォロイーとフォロワー

大きく分けると、引っ張っていく側の人と引っ張られる側の人がいます。どちらがどう良い、というわけでもありません。両方が揃わないと組織は成り立たないし、組織が成り立った瞬間には両方が存在するとも言えます。

陰と陽

また、明るいノリで人を引っ張る人、明るいノリでついていく人、黙々と人を引っ張る人、黙々とついていく人がいます。

真面目と不真面目

きちんとやるということがとにかく性に合っている人もいれば、適当にやることが性に合うという人がいます。

チームプレー派と個人プレー派

複数名で、組織内でさらに小組織を構成して行動を起こす人もいれば、個人で目標に向かって行動を起こす人もいます。

人間の種類はだいたいこれくらいしかいません。どれがどういい、悪いという話では全くありません。これらの人たちが相互的に影響しあってやっと動きが出ます。

ですが、これ以外にもう一つ発生する、非常に重要な要素があります。それが「やる人」と「やらない人」です。

似たような性質のもの同士は潰し合う

例えば、すごい剣士が二人いたとしましょう。二人とも日本刀で戦う武士です。二人とも、めちゃくちゃ強いんです。戦ったら、どっちが勝つと思いますか? 

 

どっちかが、勝ちます。

 

ということは?

 

どっちかが、負けます! 

同じ土俵で戦うもの同士には必ず勝ち負けが発生します。そして勝ち負けが発生し、負けた時、人間には負けた現実を受け止めるために心に防衛本能が起こります。くそぉう! 次は負けないぞ! 精進するぞ! と思える人はごくごく一部の稀な人たち。

多くの人たちは「自分には能力がないから仕方がない」と諦めます。

諦めればそれ以上自分の心を傷つけることがありませんからね。自分の心を痛めつけ続けてまで、何か努力をし続けられる人なんて、なかなかいません。

ここで「やる人」と「やらない人」は生まれます。

 

もし、同じ組織に同じような盛り上げ役が二人いたら? どちらか、より盛り上がる方に人が集まっていき、盛り上げ役は一人になるでしょう。一人は盛り上げることをやめてしまいます。

 

もし、同じ組織にシステムを組むのが得意な人が二人いたら? よりできる方に仕事が集中し、もう一人はサポートにまわりはじめるでしょう。

 

競合が沢山いるレッドオーシャンではなく、まだまだ隙のあるブルーオーシャンを狙え、というのは同じ土俵で戦っても、後発組はそれだけで不利なのに、1番になれないからです。

結局のところ1番を狙い続けない限りは人間は諦めて「その他」になってしまうから、どこかの何かで1番を目指さないといけないのです。

新しく人を入れるとき、最も恐ろしいのはキャラ被り

会社というのは、効率を求めたときに「この役割を果たせる人がもう一人いたらなぁ」とコピーになるような人材を求め始めます。ですが、本当に同じようなことができる人を入れてしまうと、どちらか能力的に負ける方が潰れて消えてしまいます。

自分の能力を活かす場が制限されたときに人が感じるのは「不必要感」であり、これは圧倒的に人の感情を冷めさせます。

恋愛でも「私なんていなくたっていーんでしょ!」は別れの原因になります。同じですね。

だから、新しく人を入れるときにはその人と同じような役割になる人がすでに内部に存在しないことと、雰囲気は近くても性質が違うことをしっかり確認しておかないといけません。

強い個体を弱い個体でより強化する

ポケモンは、選ばれし強い個体を、どうでもいい弱い個体を栄養としてどんどん強化していきます。選ばれる人は最初から選ばれる人であり、その個体の中で1番なのです。

ドードーの中でCPが一番高いものと、コラッタの中でCPが一番高いものは共存できますよね。そういうことなんです。

それとは別に、特別な技を覚えているとCPは低くても強化するために保持されることがあります。しかしながら、能力値が高いか、特殊能力があるか、そのどちらかを持っていなければいけないんです。

人間も全くもって同じで、同じ種類の人間の中では強い人や特殊技能を持つ人が残り、弱い人は影を潜めながらサポートに回ったり、その組織から立ち去っていきます。

もし、自分を活かし活かされたいなら

もし、今いる場所で自分が自分の能力を活かす必要がない状態に陥っているんだとしたら、そこはいるべき場所ではありません。誰かとキャラがかぶっています。もしくは自分よりもできる誰かがいます。

世界中で自分しかできない何かを探す必要はありません。自分が所属する組織、もしくは所属していたい組織の中でだけ、自分しかできないものを作りましょう。

その組織内だけでは、圧倒的な存在になれるようにする。もしそんな組織がない! というのであれば組織を出て個体になってしまうのも手です。野良ドードーなら、飴にされることもありません。

野良でやっていて、うまくいけば自分の持つ能力部分が欠けている組織からお誘いがあるかもしれないし…。

人間のキャラクターは、ほんの数種類しかありません。だから、絶対にかぶるんです。自分自身もかぶらないように気をつけないといけないし、会社の人事なんかはもっともっと気をつけないといけません。

 

ポケモンGOをやっていて、すごくそう思いました。