読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Try Something New

この世界の秘密を見つけ出すために、どんなことでもやってみて、いろんなことを考えます。

MacBookが仲間になりたそうにこっちを見ている

ガジェット

こんにちは、私はMacBook 12inch Retina(ゴールド)です。

デスクトップPCを何度も修理し、無駄に知識を身につけてきたうたこが次に目をつけたのが「薄くて軽くて可愛いノートPC」でした。私はZenbook3と散々天秤にかけられた結果、うたこの手先となることになったのです。

MacBookが仲間になるまで

ちなみに、最後の最後で私に勝負あったのは、Zenbook3の日本発売カラーがブルーしかなかった事と、新しいMakBookProの発売により私の値段が約2万円ほど値下がりしたことにあったようです。店頭で何度も何度も実機を触り、自分のiPhoneSE(これも、ゴールド)と並べてみて相性を図り、主に見た目を重視して選ばれたようです。スティーブが見た目にこだわったのは、この手の客の心を掴むためだったのだなと、ストンとストレージに落ちました。

f:id:utautan:20161207165721j:plain

どうですか。これが私です。薄いでしょう。薄さを強調するこの姿は、まるで女性のサニタリー用品のようだなと…自分で言っておきながら前言撤回したくなりました。私はもっとスタイリッシュでかっこい、クールなコンピュータです。

1kgを切ること、ぱっと見がかっこいいこと、持っていると気分が良くなること、自分のやりたいことが不足なくできること、うたこの掲げる自分のノートPCにふさわしい条件がこれらでした。とてもパソコンを買おうとしている人の言葉とは思えませんが、現代人とはこういうものなのかもしれません。

CPUはと問えば「賢いやつ」、容量はと問えば「いっぱい」…私のスペックから言わせると、「すみません、分かりません。Webで検索しましょうか?」といったところです。

f:id:utautan:20161207165722j:plain

箱を開けるとき、うたこがいったいどのように開封したかをご説明しましょう。

彼女は私の箱を包んでいる透明なフィルムを、裏面の隙間に沿ってペティナイフでまっすぐ、丁寧に、ぺらりとめくれるように切りました。フィルムごと私の箱を保存するつもりのようなのです。

これは何も嬉しい話ではありません。次の、よりよいMacBookが登場したとき、おそらく私は下取りに出されるということなのです。うたこの経済状況から言って、それはきっと5年以上先の事になるとは思いますが、散々使われてお役御免になる日が私にも必ずやってくるということ…この胸をチクリと刺すような不安は、ヒトもPCも同じように抱えているものなのでしょう。

f:id:utautan:20161207165723j:plain

私が取り出された後に残ったものです。充電コードを包んでいたフィルムさえ、きちんと元の場所に戻した上で箱を閉じ、埃のかぶらない場所に収納されました。私はというと、数日後に届いたスポンジ入りの携帯ケースの中が寝床となっています。起毛が柔らかく、寝心地のいい場所と言えるでしょう。うたこがどこかをうろつくたびに連れ出されたかと思ったら、連休中はひたすらにキーボードを叩かれます。

私のキーボードは極薄仕様で、合う人合わない人がいます。ネットでも賛否両論のキーボードとよく言われているようですが、うたこにはジャストフィットしているようです。というか、彼女はスマートなら何でもいいという部分があるので、そういう意味でもジャストフィットしているのでしょう。

うたこが心配していたUSBポートtypeCについては、このようなアイテムを購入することで解決したようです。

1,500円以下で、諸々が刺さる! と適当なことを言っていました。アジア製品なのでSDカードを抜いたときに軽く一度壊れていましたが、またはめ込むことでことなきを得たようです。全くたくましい人たちだ、と感心します。私は水に少し濡れただけで簡単に壊れますから…。

そんなこんなで、私は新しい住処で平和に暮らしています。私が自ら仲間にしてくれなんて頼んだわけではありません。プライドというものがあります。ましてこんなミーハーな、見た目第一の単純な彼女に100%使いこなされることなどはなから期待していません。それでも、下取りに出されるその日まで、自らの職務を全うする、ただそれだけです。

https://www.instagram.com/p/BMczhfXDv2U/

俗に言う意識やばいやつ #スタバ #macbook #コーヒー