読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うたこの飽きるブログ

次から次へと飽きます。だいたい適当なことを言います。気付いたら、食べてばっかりでした。

食べることには飽きない 上野の伊豆栄で最高級のうな重を食べた※壁紙素材付き

食べる

こんにちは、おやつ禁止令から1週間経ったうたこです。

痩せはしないのでただひたすらに辛いです。甘いものが食べたい。おやつが食べられないので、焼き芋に心が惹かれて仕方ないです。そんな辛い日常は放っておいて、私は上野にある老舗の! そして、高級な! うな重を食べに来ました。

伊豆栄@上野

高級、あぁ高級だな、そんな外観のお店にドキドキしながら足を踏み入れます。

f:id:utautan:20170110121600j:plain

店内にはゆったりとした時間が流れ、お金を持っていそうな老夫婦がちらほら。お金がないと足を踏み入れることもできない世界って、あるんですよね。やっぱり。

唐傘の下の席に通され、せわしないランチタイムなのにも関わらずこのゆったり感…世界が違う…。

白い紙を前に、うな重の登場を待ちます。

f:id:utautan:20170110121552j:plain

設置されました!!!!!! 

お吸い物と、うな重と、漬物。この3点セットで4,860円です。うな重の梅、一番いいやつ、頼んじゃいました。

f:id:utautan:20170110121554j:plain

いよいよ、蓋を開けます…!!!!!

 

*フリー素材です。壁紙にどうぞ。

f:id:utautan:20170110121555j:plain

ふっくら感と、カリッと感と、身と脂身がふわふわしているのが見ただけでも分かります。

*フリー素材です。壁紙にどうぞ。

f:id:utautan:20170110121556j:plain

蓋を開けた時、思わず「あ、これ壁紙にした方がいいやつや」と思ったのでめっちゃ撮りました。

身の厚さはこんな感じ。それではいただきます。

f:id:utautan:20170110121557j:plain

ご飯には満遍なくタレがかけられており、うなぎとの馴染み方が最高のバランスです。一口食べると、うなぎの美味しさが遠く遠くまで、ふんわりと続いていく感じ。

私の目の前には、草原が見えました。うな重って、美味い。

f:id:utautan:20170110121558j:plain

うな重を食べる時には、腹部→尻尾→腹部で締めるのが私のなんとなくの流れです。美味しいところは最後に残したい! 

経済的な事情で二度とくることはないかもしれませんが、良い体験のできたお店でした。

https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13003586/

広告を非表示にする