読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うたこの飽きるブログ

次から次へと飽きます。だいたい適当なことを言います。気付いたら、食べてばっかりでした。

食べることには飽きない 予約いっぱいで入れない!川治で食の波に溺れる

食べる

こんにちは、食に興味いっぱいのうたこです。

人は美味い食べ物を求めます。まずは身近な美味しいもの、そして高級な美味しいもの、最後に行き着くのがコスパの良い美味しいもの! 最後のこの店は、隠れ家的だったり予約が取れなかったり、このご時世なのにネット上に情報がなかったりします。中には食事中の写真撮影禁止、食べログの書き込み禁止、ブログ掲載禁止、なんていうところも。

この日はグルメに強い方のお誘いで、一般人の私には予約なんて取れないお店にやってきました。

川治

や、やってる…? のかどうかとても分かりづらい、普通の路地にあるお店です。昭和な雰囲気が漂う。この日は貸切の為に電気は落としていたようです。

f:id:utautan:20170110121620j:plain

店内もこんな感じ!! これ、今でこそ昭和っぽいという言葉を使って表現しますが…元号が変わったらなんて表現されるようになるんでしょうね。

f:id:utautan:20170110121622j:plain

このお店はとにかく、大皿でどーんっ! と食べ物が出てくるのが特徴です。まずは茄子の煮浸しですが、一つ一つがでかい。めっちゃ美味しい。

f:id:utautan:20170110121624j:plain

れんこんの和え物的なやつ。初っ端はこのふた皿がどーーーんっ! と出てきました。ここから、店の怒涛の攻撃が始まります。

f:id:utautan:20170110121625j:plain

いけっ! あん肝!!!! って出てきたあん肝が異常にでかい。スライスされたあん肝をちびちびつまみながら日本酒、なんてそんなことはしません。がぶりです。がぶり。

f:id:utautan:20170110121626j:plain

こんなでかい肝が入ってたんだ…普段のあん肝はなんだったのか。このあん肝を前にして、もう今までのあん肝には戻れない。

f:id:utautan:20170110121628j:plain

続いて焼き魚です。確かいい魚のはずなのですが、名前を忘れてしまった…まぁまぁ高い魚をがっつりと一人1匹食べられます。少食の人はこのあたりで食べるのがきつくなってくるのではなかろうか。

 

私? 余裕です。

f:id:utautan:20170110121629j:plain

続いて、アオリイカをサンマのわたで焼いたもの。これがですね、ぶっあつく切られたアオリイカの甘みとサンマのわたの苦味がいい感じにマッチして、添えられてる大葉が爽やかで、美味い!!

このあたりからみんな酒と会話に移り始めるので、私はひたすらに食べました。

f:id:utautan:20170110121632j:plain

あさりだね。これもでかい。。とにかくでかい。私はいつの間に巨人の国に迷い込んだのだろう?

f:id:utautan:20170110121634j:plain

んでね、これが本当にやばいやつ。ホラの白子の天ぷら。

脂質過多ですね。しかしね、まずこの大きさの白子って食べられないし、それが天ぷらになることで外はサクサク中はあつあつとろとろなんですよ。

ホラの白子の天ぷら>>>超えられない壁>>>カニクリームコロッケ

だなって思いましたね。

f:id:utautan:20170110121633j:plain

牡蠣です。この店の人は、人類を太らせて取って食うつもりなのでしょうか? つるんと一口あっという間です。とろりな口からつるりな口へ。

f:id:utautan:20170110121635j:plain

で、まぁ、でかいんですよね。

f:id:utautan:20170110121636j:plain

たこの刺身! でかい! 噛み応えがやばい!!! 満腹中枢崩壊です。

f:id:utautan:20170110121637j:plain

まだ来るのか…刺身盛り合わせです。これもまた、なんでやねんってレベルの厚切り。わさびも豪快だ。

f:id:utautan:20170110121638j:plain

雲丹!!! 甘い。とろける。こんだけあるから刺身とコラボしながら食べちゃったりする。

f:id:utautan:20170110121639j:plain

「おれ、不器用なんで薄切りできないんすよ!」ってことなの? というレベルで分厚い刺身。もっちもちです。

f:id:utautan:20170110121640j:plain

こんなに口中が刺身になることって、そうそうないよね? 

f:id:utautan:20170110121641j:plain

蟹味噌!!! ぎええええええうんめえぇぇぇぇぇぇ

刺身でもちもちになった口に、蟹の甘みと蟹味噌の苦味が総攻撃。

f:id:utautan:20170110121642j:plain

刺身盛り合わせのあたりから、流石にそろそろ終わりでしょ? って思ってたんですけど、まだです。魚の煮付けが出てきました。

脂がのっててぷりぷりやわらか! あああ美味い! 美味いよ! 

f:id:utautan:20170110121643j:plain

最後に肉まで出てきました。なんでこれだけ魚攻めしておいて…?! これ、なんらかのジビエだったと思うんですが忘れました。ただ、柔らかくて噛みごたえがあってめちゃくちゃおいしかったです。

f:id:utautan:20170110121644j:plain

味噌汁で締める。ご飯は出てこなかったので、ひたすらに血肉になる栄養素を摂取した気分です。でももう、よくわからない。食べ過ぎで。

f:id:utautan:20170110121645j:plain

これだけ出てくると流石に余るのですが、余ったものはタッパーで持ち帰りが可能です。私もタッパーを持参していたので、それで翌日まで美味しいご飯にありつくことができました。

これだけ食べて、飲んで、5,500円くらいでした。すごい。ていうか食べ過ぎである。

 

広告を非表示にする