Try Something New

この世界の秘密を見つけ出すために、どんなことでもやってみて、いろんなことを考えます。

転職"活動"に失敗。転職エージェントを使った感想

f:id:utautan:20170407073635p:plain

転職"活動"に失敗しました。社内で必要とされることが少なくなってきたので、なら転職するかと軽い気持ちで転職活動を開始しましたが、既に社会からも必要とされなくなってしまっていました。

転職活動内容と、転職エージェント5社を使った感想をまとめます。

転職活動内容

私は現在、バックオフィス全般の担当として仕事をしています。ただただ給料が低い。結婚して明るみに出た自分の所得の少なさに愕然としました。現在の給料が低くても伸び幅があるなら頑張って勤める気にもなるかもしれませんが、バックオフィスなので伸びることもありません。つまり、私の社会的価値はここが頭打ちなのです。

そんな現状を打破すべく、待遇が良くて仕事内容は同じようなもの、もしくは頑張れる範囲で頑張れる職務内容になる職場に転職しようともくろみました。同じような仕事内容でも、お金のある会社であれば給与も底上げされることを知っていたからです。

転職活動のためのスーツは、手持ちがなかったため友人から借りました。

自分の力だけで行う転職活動よりも、エージェントを活用した方がいいと聞いたので、とりあえず5つのエージェントに登録しました。それぞれで面談を行い、一番いい感じに扱ってくれるところで転職活動を進めようという算段です。

リクルートエージェント

ここは、私とはめちゃくちゃ相性が悪かったです。女性の担当者(バリバリやってる感じのおばちゃん)だったのですが、現職の様子を見て「年収は250万前後がせいぜいですね」とばっさり。今よりも確実に下がります。…それ、何のために転職するんだよ。

と、思うんですが、転職で年収を上げることって相当難しいみたいですね。上がり幅の平均は30〜50万円ほどはあるみたいですが、今の職場から逃げるように転職する場合にはなりふり構っていられませんから、必然的に下がることが多くなるのかもしれません。

その辺の事情を説明してくれるならまだしも、無理ですねと断言されて大変やる気を失ったので、その場で退会しますと告げて帰りました。

www.r-agent.com

マイナビエージェント

バックオフィス出身で、バックオフィスを専門としているエージェントの方にあたり、結構親身に話を聞いてもらいました。私の無茶な希望も聞いてくれましたし、アドバイスもきちんとしてくれました。

ただ、エージェントの紹介で親会社であるマイナビを受けに行ったにも関わらず落ちたのには自分の実力の無さに愕然としましたね。

 

#NAME?

パソナキャリア

こちらもとてもお世話になりました。入社3年以内っぽい可愛い女の子に担当してもらいました。職歴とかもすごく褒めてくれるのでありがたかったですが、どこにも受かることはできず…。模擬面接ではけちょんけちょんにやられました。私はどうやら部長という生き物が圧倒的に苦手なようです。会話が噛み合わない、全ての言葉が刺さらずにスルーされていく感覚がありました。

組織の中でのし上がってきた人と、組織大嫌い人間うたこ、そりゃまぁ、そっかっていう感じですね。

www.pasonacareer.jp

DODA

こちらも若い女性が担当でした。受けても受けてもさっくり落とされるのでだんだん疎遠になってしまいました。

送られてくるメールの量が多すぎるのと、どうやってもメール解除ができない仕組みになっていたためメールボックスがいっぱいになってしまいました。変更できるようにして欲しいのと、それぞれのメールで微妙に担当者が異なるのがとても面倒でした。お願いしている人ではない人に依頼することになってしまったり、システムがとても分かりづらかったです。

ただ、担当してくれた方はどなたも丁寧で、職務経歴書の書き方や面接のアドバイスはしっかりしてくれて助かりました。

ベンチャーっぽいコンサル

ここは面談はしたものの、一件も案件を紹介してくれずフェードアウトしました。うーん。

 

転職にあたって、エージェントの会社にもいろんな種類・特徴があるんだなぁということも勉強になりました。私の転職の第一理由は金です、とにかく年収の高いところを紹介してくださいという無茶振りをする私に、みなさん親切に対応してくださり本当にありがとうございました。

なぜ、全部落ちたのか

転職活動期間は約3ヶ月半、まさか転職活動で15〜20社応募して、10社も面接に行って、最終面接もあって綺麗に全部落ちるなんて思いませんでした。新卒の就活の時もそうでしたが、私は面接で落ちるタイプです。学歴も経歴も悪くはないんですが、面接で落ちる。それも、面接官に「ポカーン」顔をされて…。

面接ではろくに会話も噛み合わずに終わることが多いです。普段はそれなりに喋る人、業務説明などは分かりやすいと言われているのですが…。

面接では「できる演技」と「求められている回答」が出せるのかどうかにかかっていると思います。それに対して私は「余計なこと」をいい「持論を繰り広げ」るうっとおしいタイプの人間です。「残業できますか?」と聞かれれば「定時退社できるように仕事を組みます」と返します。こりゃダメだわ。

例え面接を突破できたとしても、先輩を頼ったり上司を持ち上げたり同期と苦労を分かち合ったりするような社会人らしい振る舞いはできません。仕事で成果を得る事よりも早く家に帰ることに幸せを感じるため、いよいよ覚悟しました。

私は、組織に馴染めない人間なのだ、と。

馴染む努力はしたのか?

自分らしく、などという薄っぺらい言葉で何かをあらわそうとは思いませんが、組織に馴染めないというと人間性が良くないからとか、馴染む努力をしてないからだとか、人間性も良くて組織に馴染む努力をしている人からそう言われてしまうのですが、努力はしました。むしろ、ここまで合わせても馴染まないなんておかしいのでは? と思ったくらいです。

会話する方法、相手のテンポに合わせること、相槌、質問、話を膨らませること…ま、そういうことを学習しないとできない時点で終わってるのかもしれませんが。

一体どうやってお金を稼げばいいのか

私の年収は去年の源泉徴収票からこの先、増えることがありません。悲しいですが現実です。お金は必要です。産休・育休手当は額面の金額が高ければ高いほど多くなるのですから、額面の金額を上げたかったのです。(*手当金額には上限があります。)

ですが、それはもう叶いません。私にできることは副業だけです。

3ヶ月で10万円なので、1年間で40万円! コツコツやっていくしかないのかなと思いました。結構辛い。

utautan.hatenablog.com

転職"活動"失敗

転職に失敗するという話は良くありますが、転職"活動"に失敗するとは思っていませんでした。ですが、行くところがないなら今のところで頑張るしかありません。少しでも今の会社の役に立つように頑張っていこうと思います。

また、転職活動を行うことで私の現在のビジネススキルは本当に社会的に価値がないのだということを実感しました。では、何を身につけたらいいのだろうか? ということを考えるきっかけにもなったのでこれはこれで良かったと思います。会社でも実務内容を調整して行く予定です。それに、私はやっぱり家が好き。家の中でできることを極めていきたいなと思います。