Try Something New

この世界の秘密を見つけ出すために、どんなことでもやってみて、いろんなことを考えます。

上里SA(下り)で自慢の豚肉を食べよう

f:id:utautan:20170514091531j:plain

東京から長野の方面に向かって移動すると、途中で必ず登場するのが「上里SA」…なのかどうかは、私にはよく分かりません。

人類として致命的欠陥となる「方向音痴」をスキル割り振り最大で持って生まれた私には、自分がどの方向に向かって進んでいて、今どこにいるのかがさっぱり分からないのです。私にとって、上里SAはどこまで行っても「こむぎっちなるキャラクターがいるところ」です。

ちなみに、上里SAの上りは最近全面的に改修がなされ、お店やさんも増えていますし、SAのデザインもちょっとお洒落で可愛くなっています。でも、下りだって負けてはいないのです!

上里SA(下り線)

f:id:utautan:20170514091534j:plain

地元の上里町と一緒に地産地消に取り組んでいる上里SA(下り線)は、こむぎっちがキャラクターになっている特産品の小麦や近隣の神川町のブランド豚“姫豚”、ヤマキ醸造の醤油など、地元の食材を使用したメニューが特徴です。
上里町で生産されてる“農林61号”という小麦は、全国で作られている小麦の種となっていて、その作付面積は日本一!
こむぎっちはこの種子小麦がモチーフとなっています。

f:id:utautan:20170514091532j:plain

神川町のブランド豚である“姫豚”はフードコートに入っている店舗でちょこちょこ使用されています。どんぶり屋や、このカレーライスのお店もそうです。

特に『どんぶり屋』は食材には相当なこだわりがあり、お米は全て新潟県産コシヒカリ、卵はビタミンがバランスよく含まれた、放し飼い卵である“エコッコ”を使用しているそうです。

私は辛いものが食べたかったので、カレーライスを注文しました。豚肉を食べたい気持ちを押さえることができなかったので、微妙に豚肉つきです。

f:id:utautan:20170514091533j:plain

ほら、微妙に豚肉つき。

米の量は減らしました。食べきれないと思ったからです。少なめでもこの分量なのですから、中々多いですよね! ご自由に調味料の中に七味唐辛子があったので、隅にスタンバイしていますが、カレー自体も結構辛めで美味しいです。

スパイスたっぷりに煮込まれたカレー、美味しいですよね。豚肉は少量だったのと、細切れだったのであまり美味しさが分かりませんでした。豚肉もやっぱり、ステーキで食べたい! もしくはとんかつがいいと思う! 

どんぶり屋の方のカツ丼は、豚肉の旨味をしっかり感じられて美味しかったです。上里SA(下り線)、上りに負けずに頑張って欲しい! (勝ち負けなんてなさそうだけど)