Try Something New

この世界の秘密を見つけ出すために、どんなことでもやってみて、いろんなことを考えます。

上野アトレの『古奈屋』でオシャレにカレーうどん

f:id:utautan:20170514091445j:plain

上野のアトレにある『古奈屋』はカレーうどんの専門店です。古奈屋は、1983年創業のカレーうどんが名物のお店です。食材選び、仕込み、調理に徹底的にこだわり、古き良きカレーうどんに「クリーミーさ」を加え、新しいカレーうどんを生み出しました。それなりに良いお値段がするのですが、興味本位でいってみることにしました。

古奈屋@上野

f:id:utautan:20170514091443j:plain

一番プレーンな釜揚げカレーうどんでさえ900円、具材がのってくるとあっさりと1,000円オーバーとなります。ただ、やるときはやる女である私は贅沢にキーマカレーうどんとベジプレートを追加することにしました。

f:id:utautan:20170514091441j:plain

ベジプレートはこちらです。素揚げされた野菜がもりもりのっています。野菜用のソースもついていますが、カレーうどんに追加でのせてしまっても美味しいです。

f:id:utautan:20170514091440j:plain

うどんは細めですが、コシがあり滑らかな食感です。厳選された材料で作り上げたつゆは、濃厚でクリーミーです。このカレーうどんのためだけに開発されたカレールウは、野菜・果物・肉をドロドロに、完全に溶け合ってしまうまで煮込んであります。

かつおだしは関西風でも関東風でもない、古奈屋独自の配合で作られています。そのため、どんな出身地の人の口にも合うのでしょう。私は関西人であるがゆえに若干うどんにはうるさいところがあります。

関西のうどんは美味しいからです!!

 

f:id:utautan:20170514091442j:plain

しかし、古奈屋のカレーうどんは美味しかったです。カレールウに浸っているがゆえにうどんは当然少し柔らかくなってきますが、それでもコシが感じられます。

もちもち食感のうどんにクリーミーなカレールウが絡んで美味しいです。クリーミーといっても重たすぎず、さらさらとしたつゆはついついたくさん飲んでしまいます。

カレーうどんなので、飛びはね注意! ちょっと贅沢なランチタイムにオススメです。

店舗情報

アクセス 上野駅中央改札口より徒歩2分
営業時間 11:00~23:00
定休日 不定休(アトレに準ずる)

 

<うどん食べよう>

1.神保町の『丸香』、東京で初めて出会った「うどん」

2.小平市の青梅街道あたりの隠れうどん『福助』に行ってきた

3.銀座の『大常』で野菜の美味しいうどんを食べてみた