Try Something New

この世界の秘密を見つけ出すために、どんなことでもやってみて、いろんなことを考えます。

農業のディズニーランド? なめがたファーマーズビレッジでお芋の勉強!クーポン情報あり

f:id:utautan:20170723103337j:plain

夏休みですね!!!!! 

いえ、私は大人なので正確には夏休みではありません。でも、夏です。遊びたい気分が高まる夏、茨城県までドライブがてら、なめがたファーマーズビレッジに行ってきました。

なめがたファーマーズビレッジ

f:id:utautan:20170723103336j:plain

霞ヶ浦と北浦に挟まれた行方(なめがた)市は、大きな湖、澄んだ空気、美しい緑、肥沃な大地に恵まれた場所です。

さつまいもの日本有数の産地である行方市に、おいもスイーツで有名ならぽっぽが体験型農業テーマパーク「なめがたファーマーズビレッジ」をオープンしました。

f:id:utautan:20170723103335j:plain

2013年に少子化が原因で廃校になってしまった小学校の跡地を改装し、お芋について勉強し、美味しくお芋が食べられるテーマパークへと変身しました。

なお、校庭には当時のまま遊具が残されているため、ブランコに乗ったりシーソーに乗ったり、ジャングルジムや大型遊具で遊ぶ子供達の姿も多く見られました。私もブランコには乗りました。

やきいもファクトリーミュージアム

f:id:utautan:20170723103333j:plain

「なめがたファーマーズビレッジ」のメインコンテンツは、やはり「やきいもファクトリーミュージアム」でしょう! お勉強と工場見学、試食までついています。

「やきいもファクトリーミュージアム」以外の物品購入やレストランは、入場料無しで利用できます。地元の方はレストランとして普通に食事に来ているようでした。「やきいもファクトリーミュージアム」の入場料は、大人は800円ですが、クーポンを使うと100円引きの700円になります。

チケット購入前にinfomationにて下記ページを提示するとクーポンがもらえます。購入時にはもらったクーポンを一緒に出すこと! 会計後に割引はできないので気をつけましょう。

WEB限定クーポン | 茨城の体験型農業テーマパーク なめがたファーマーズヴィレッジ

f:id:utautan:20170723103329j:plain

さつまいもが日本にやって来た歴史や、さつまいもが好きだった人たちがどのようにさつまいもを広めたのか、などを学ぶことができます。

小学校を再利用している施設なので、細部にある小学校ネタも一緒に楽しめます。

f:id:utautan:20170723103332j:plain

教室の後ろにはいろんなものが飾ってあります。

f:id:utautan:20170723103331j:plain

習字の作品や、夏休みの課題のような図工工作も、さつまいもネタです。

f:id:utautan:20170723103330j:plain

とくがわよしむねくんがとった目安箱アンケート。

f:id:utautan:20170723103328j:plain

続いて、さつまいもについてのお勉強迷路です。大人は多少腰が痛くなります。

f:id:utautan:20170723103326j:plain

さつまいもは飢饉の時や戦争の時、食べるものがなくて困っている人たちを助けました。

f:id:utautan:20170723103327j:plain

栄養素も豊富に含まれています。昔でこそ貧しい人が食べるものでしたが、今では「美容食」扱いされることもあるくらいなので、大出世だなぁと思いますね。

さつまいも、めちゃくちゃ美味しいし…。

f:id:utautan:20170723103324j:plain

こちらは貯蔵庫です。さつまいもは寝かせると美味しさが増すそうで、温度と湿度を管理して保管するそうです。

f:id:utautan:20170723103325j:plain

さつまいもに関する基礎知識を身につけたら、いよいよ工場見学です! 

f:id:utautan:20170723103322j:plain

もちろん、工場内部にまで入り込むわけではないのですが、ここから先は衛生区画工場の一員として、しっかり手洗いをするように! と手洗い場が設置されていました。

動画を見ながらかなりしっかり手を洗い、アルコール消毒も行います。これ、大人になったからこそ意味がわかりますけど、「しっかり手洗いしなさい!」の意味がよくわからない子供にはすごくいい勉強になるだろうなぁと思いました。

手の洗い方も学べて良いかと。

f:id:utautan:20170723103323j:plain

さらに、工場に入る前のエアーなんちゃらも設置されています。ブワーッと風が出てくるのが面白くて、つい長居してしまいました。

f:id:utautan:20170723103321j:plain

工場には、19メートルもの長さのあるやきいもを焼く装置があったり、

f:id:utautan:20170723103316j:plain

スティック状にカットされた大学芋になる前のさつまいもの大きさチェックをしている人がいたり、

f:id:utautan:20170723103320j:plain

大学芋を検品している人たちがいたり、

f:id:utautan:20170723103318j:plain

飴がけされた美味しそうな大学芋がザラザラ流れて来たりして、面白かったです。完成した大学芋は、瞬間冷凍されてマイナス30度で保存されます。

f:id:utautan:20170723103317j:plain

入りました。寒いです。

f:id:utautan:20170723103314j:plain

倉庫内なのに雪が積もっています。長居できない空間です。

f:id:utautan:20170723103315j:plain

生のさつまいも、バナナ、やきいもがありましたが、マイナス30度なのでもちろんカッチカチに凍っています。やきいもは甘さがあるのでちょっとべたっとしていました。これらが本物であるということの証ですね。

f:id:utautan:20170723103312j:plain

完成した大学芋が出荷されていきます。

f:id:utautan:20170723103313j:plain

こちらの工場で作っているのは、こだわりのやきいもとカリッと食感の大学芋、

f:id:utautan:20170723103311j:plain

ほしいもと、さつまいもパウダーを利用したパンです。最後に売店で好きなだけ購入することができます。

f:id:utautan:20170723103310j:plain

お芋はこんな感じで分岐をへて、我々のお腹に収まります。

f:id:utautan:20170723103307j:plain

はい、お待ちかねの試食コーナーです! 焼き芋は後からのはずだったのですが、夏季期間は冷やしやきいもになっていたため、大学芋と一緒にいただきます。

f:id:utautan:20170723103308j:plain

じゃん。多い。

左下のやきいもガレットは、最初にもらった生徒手帳に書かれているクイズを全問正解した場合にもらえます。

f:id:utautan:20170723103309j:plain

こちらが大学芋。

f:id:utautan:20170723103306j:plain

そして、冷やし焼き芋です。

焼き芋は家で保管するときにも、一度にたくさん焼いてしまって冷凍保存するのがおすすめです。濃厚な甘みはアイスクリームと同じくらい、満足感の高いおやつになります。

試食はかなりお腹いっぱい…。

f:id:utautan:20170723103305j:plain

最後に、売店でお買い物です。クーポン利用で100円引きになる大学芋詰め放題! 通常540円のところ、440円になります。

f:id:utautan:20170723103304j:plain

こんな感じで詰め込みました。冷凍状態から、自然解凍30分〜1時間で食べごろです。家に帰って少しずつおやつにしようと思います。

ということで、「なめがたファーマーズビレッジ」楽しかったです! 子供から大人まで楽しめるのではないでしょうか。夏休みの自由研究にさつまいも、いいと思います。

お得なクーポンを忘れずに。

WEB限定クーポン | 茨城の体験型農業テーマパーク なめがたファーマーズヴィレッジ

 

施設情報

東京方面からの
アクセス
首都高速湾岸線経由
首都高速自動車道から、首都高速湾岸線千葉方面
→湾岸市川IC経由→東関東自動車道
→潮来IC下車、県道50号線を北上し、県道186号線を進む
宇都宮方面からの
アクセス
北関東自動車道経由
北関東自動車道茨城方面から、茨城町JCT
→茨城空港北方面へ茨城空港北IC下車、県道18号線を南下
→「塔ヶ崎坂上」交差点を右折、県道2号線を南下
→「繁昌」交差点を左折、県道185号線を進む
定休日 月曜日
営業時間 サイト参照

営業時間・入園料|茨城の体験型農業テーマパーク なめがたファーマーズヴィレッジ