Try Something New

この世界の秘密を見つけ出すために、どんなことでもやってみて、いろんなことを考えます。

日本酒オタクのオーナーに学ぶ美味しい日本酒 天神南の『さが蔵』

f:id:utautan:20170723104515j:plain

博多にありながら、佐賀県内の蔵元さんから直送された50種類以上ものお酒が揃う、日本酒好き必見のお店『さが蔵』に行ってきました。

こちらのお店のオーナーは、佐賀県内で作られる日本酒を研究しまくっている、いわば日本酒オタクです。その日その時の楽しみ方に合わせてお酒を提案してくれるので、日本酒はまだまだこれから…という方でも、日本酒結構飲んでるよ! という方でもどちらでも楽しめます。

平日でも満席になっていることが多いので、予約必須です!

さが蔵@天神南

f:id:utautan:20170723104516j:plain

日本酒を飲むためのお店なので、ソフトドリンクはありません。いさぎよいですね。

まず最初にでてきたのがこちらのお通しなのですが、これがまた全部美味しい。ちくわの揚げたやつ、カルパッチョ? そして、このお通しを食べていると…日本酒が飲みたくなります

f:id:utautan:20170723104514j:plain

最初はビールを注文していたので、まずはカーっとエンジンをかけていきましょう。ビールも美味しいです。泡がきめ細かく、丁寧にいれてもらっているな~という感じがします。

f:id:utautan:20170723104513j:plain

友人が飲んでいたのは、太閤梅という梅酒です。ロックグラスに入っていた氷はウイスキーのロックに入っているの同じようなきれいなまん丸の氷でした。

お酒に対するこだわりが、こうしたところからも伺えます。

f:id:utautan:20170723104512j:plain

また、メニューにも特徴があります。

酒のあてしかありません

徹底に徹底を重ねていて、気持ちがいいくらいです。

f:id:utautan:20170723104511j:plain

店内の冷蔵庫には常時50種類以上…と言われていますが、おそらくそれよりももっとたくさんの日本酒がずらりと並べられています。

オーナーによると、熟成させている日本酒がこの2~3倍も奥に隠してあるとのこと。この人、本物だ…。

f:id:utautan:20170723104507j:plain

日本酒ビギナーでも違いが分かりやすい飲み比べセットを用意してくれました。ちなみに、和らぎ水も日本酒を作る過程で出てくる水? だそうです。これがまた清らかで美味しい。

日本酒はどれも美しい水のような、それでいてそれぞれにちょっと重さがあったり、フルーティさがあったり、個性豊かで素敵です。

f:id:utautan:20170723104510j:plain

鯖の生ハム? だったかと思います。燻製された鯖と、大葉とレモン、山椒を合わせてあります。

これにお好みで、わさび、みょうが、柚子胡椒をつけて食べます。日本酒が進みます。

f:id:utautan:20170723104509j:plain

これは大人のポテサラ。ほんのりピリ辛で、これまた日本酒が進みます。

日本酒のワンダーランドなのか、ココは。

日本酒オタクのオーナーに学ぶ、佐賀県の日本酒! ただ、私いつも思うんですけど、日本酒って色々聞きながら飲んでいるのに酔いが回るがゆえに記憶に中々残らないんですよね。何度も何度も飲んでいけ、ってことなのでしょうか。

店舗情報

アクセス 天神南駅より徒歩6分
営業時間 [月~木]18:00~24:00
[金・土]18:00~翌2:00
定休日 日曜(月曜祝日の場合営業)/第1月曜

<日本酒飲むなら>