Try Something New

この世界の秘密を見つけ出すために、どんなことでもやってみて、いろんなことを考えます。

和洋菓子どちらも楽しめる『菓心松屋』でラムボールを食す

f:id:utautan:20170723103354j:plain

 

茨城県にある『菓心松屋』に立ち寄りました。地元の方のお使い物やお茶請けに人気のケーキ屋さんです。

『菓心松屋』は、1958年創業の地元で愛される老舗のお菓子屋さん。創業時は和菓子が中心だったのですが、1983年には本格的に洋菓子の販売も始まり、『和洋菓子の店マツヤ』に名前を変えました。

2014年5月には移転した店舗で再オープンし、初心に返るという意味で屋号に『菓心』をつけ『菓心松屋』の名前になりました。

 

洋菓子も和菓子も、どちらも楽しめるお店です! 

 

菓心松屋@茨城県

f:id:utautan:20170723103351j:plain
f:id:utautan:20170723103350j:plain

 

駐車場スペースが広く、どーんと構えている店内。中に入ると、びっくりするくらいたくさんの商品が並んでいます。

生クリームどら焼き、クレームブリュレ、生クリーム大福、焼き菓子のギフトセット……あっちもこっちもお菓子まみれ!! 

 

f:id:utautan:20170723103347j:plain
f:id:utautan:20170723103349j:plain
f:id:utautan:20170723103346j:plain

 

もちろん洋菓子、生ケーキもあります。種類が多すぎて一体どうしたらいいのかわからなくなるレベルです。

生クリームは甘さ控えめで優しい味わいに、チョコレートはしっかり濃厚に、果物は選び抜かれた、その季節で一番美味しいものを! 品数は多くとも、しっかりとこだわりを持って一品一品作られています。

 

f:id:utautan:20170723103345j:plain
f:id:utautan:20170723103348j:plain
f:id:utautan:20170723103344j:plain

 

これだけたくさんのお菓子があると、色々食べたくなってしまいますが……私が一人で食べられるだけの量にしなければなりません。

プリンもロールケーキもチョコレートも、どれも美味しそう。

 

f:id:utautan:20170723103343j:plain
f:id:utautan:20170723103341j:plain

 

悩みに悩んで、生菓子からはラムボールを一つ。

近くに並んでいた丸ごとピーチも気になりました。めちゃくちゃピーチのってる。

 

f:id:utautan:20170723103340j:plain

 

定番のいちごのショートケーキも可愛らしくて美味しそう! シュークリームも美味しそう!!! 

 

f:id:utautan:20170723103342j:plain

 

もう一つは、サクッと食べられそうなチーズスティックにしました。ザクザクのクッキー生地の上に濃厚なチーズケーキがのっています。

クッキー生地にはナッツも入っていてザクザク感が楽しいです。クリームチーズはほどほどに酸味があり、小さいながらもはっきりとした味わいがとても美味しい! 

 

f:id:utautan:20170723103339j:plain

 

ラムボールは結構しっかり洋酒を使っていると言うことでしたが、一体どんなケーキなのでしょうか……? 

 

f:id:utautan:20170723103338j:plain

 

食べてみました。まず、外側のチョコレートは結構濃厚です。ラム酒がほどほどに香っているのですが、中身がなんなのかよくわかりません。

ダマンド生地……? しっとりしているような、ほろほろモロモロしているような……。

 

ラムボールとは、どこの国のお菓子が元なのかさえも分からないお菓子。日本での発祥は横浜の『喜久家洋菓子舗』と言われています。

ラム酒に1ヶ月ほど漬け込んだレーズンやナッツをスポンジ生地に混ぜ込んで、さらに2〜3日寝かせることでラム酒と生地をしっかりと馴染ませるのがポイント。

香り高く、しっとりと仕上がった生地にチョコレートをコーティングしたら出来上がり!!

 

これは特別な生地というわけではなく、ラム酒の染み込んだスポンジ生地だったということですね。勉強になりました。

他にも美味しそうな和菓子・洋菓子色々ありましたので、いろんなお菓子を食べてみてください! 

 

店舗情報

13:00〜23:00
アクセス 行方市山田3010-5 で検索!
営業時間 9:00~19:30
定休日 水曜日