Try Something New

この世界の秘密を見つけ出すために、どんなことでもやってみて、いろんなことを考えます。

ザルツブルグを歩き回る(1にちめ)

f:id:pinyveful:20171111222151j:plain

 

こんにちは。うたこの夫です。

妻がザルツブルグ記事を書いているので、わたし視線でのザルツブルグをつらつらと書いていきます。

今回は、ザルツブルグに到着したときの日のこと。

 

f:id:pinyveful:20171111215636j:plain

 

私たちがミュンヘンから乗ってきたrailjetです。なんかすっごい汚れています。

第2編成。愛称は”Spirit of Vienna”。

 

f:id:pinyveful:20171111215653j:plain

 

インスブルック方面から来たrailjetと連結します。ネジ式だから作業もちょっと大変そう。

このままウィーンまで一緒に走り、ウィーンからまたそれぞれプラハ、ウィーン空港に向かいます。

 

f:id:pinyveful:20171111215716j:plain

 

駅の発車案内。

左上から「列車種別」「行き先」「注意」。

右は、到着時刻か発車時刻か、どっちを表示しているかが書いてあります。

 

f:id:pinyveful:20171111215720j:plain

 

入っちゃダメ―!

 

f:id:pinyveful:20171111215725j:plain

 

オーストリアに来て初めて出会った日本語。ちょっと何言ってるかわかんない。

 

f:id:pinyveful:20171111215731j:plain

 

さっきの広告はこれのこと。Westbahn(ヴェストバーン)という民鉄です。

オーストリアの鉄道は上下分離式ですので、ÖBBの線路を私鉄が走ります。

もちろん切符も別のものになります。日本では例がないので、興味がない人にはちょっと説明できません。

 

f:id:pinyveful:20171111215742j:plain

 

信号に遊び心。いろんなシリーズがありました。こうご期待。

 

f:id:pinyveful:20171111215749j:plain

 

ザルツブルグ中央駅。

 

ヘルブルン宮殿は妻がレポートしているので割愛。

 

f:id:pinyveful:20171111215835j:plain

 

ヘルブルン宮殿の池にいたカモ。

ここは日本と同じような気がする。

 

f:id:pinyveful:20171111215844j:plain

 

ザルツブルグ旧市街の入り口。

自家用車の出入りが制限されているので、路上にこのようなポールが出ています。

認可された車両が通過するときだけ、自動的に引っ込みます。

 

f:id:pinyveful:20171111215921j:plain

 

ザルツァハ川を歩く。

 

f:id:pinyveful:20171111215933j:plain

 

標識は日本とそっくり?

上段: ÖBB(旧ロゴ) 駅 ⇒

中段: 駐停車禁止ここまで(かな?)

下段: 左折禁止(かな?)

 

f:id:pinyveful:20171111215938j:plain

 

あっ、こいつは日本にもいる!

大人の靴の向きが若干気になります。

 

f:id:pinyveful:20171111215941j:plain

 

子「パパ、自転車買って!」

父「あれは君には大きすぎるよ。」

 

f:id:pinyveful:20171111215949j:plain

 

パパ、斬られる。

 

f:id:pinyveful:20171111221435j:plain

 

ほんとに石畳なんだね。ぼくにっぽんしかしらないから、はじめてだよ。

 

f:id:pinyveful:20171111221452j:plain

 

明るいけど、19時30分ごろなんだぜ。