Try Something New

この世界の秘密を見つけ出すために、どんなことでもやってみて、いろんなことを考えます。

ウィーンのザッハトルテ二大巨頭! 『DEMEL(デメル)』へ行く!

f:id:utautan:20170801174749j:plain

 

ホーフブルク宮殿の目の前の通りに、『DEMEL(デメル)』があります。ウィーンはかの有名なチョコレートケーキ、ザッハトルテの発祥の地とされているのですが、その元祖は『DEMEL(デメル)』なのか、『ザッハー』なのか意見が分かれるところです。

 

なお、私は旅行に行くと「現地でしか見られないもの、食べられないものを制覇する」という気持ちでいっぱいになるため、めちゃくちゃ歩き回る上に、信じられないくらい食べます。夫は甘いものが苦手なので、ヨーロッパのスイーツは大敵。「まだ食べるの?」「俺はもういい……」と、辛そうでした。ごめんよ、付き合ってくれてありがとうな。

 

f:id:utautan:20170801174737j:plain

 

見えますか、ホーフブルク宮殿を背景に、あれが『DEMEL(デメル)』の看板です。

かつては皇帝夫妻も通っていた、ハプスブルク家専門のベーカリーです。

 

お店に入ると、ショーケースが並んでいます。拙い英語で「店内で食べる」ということを伝え、ケーキを選びます。飲み物は席に案内されてから注文します。

 

悩みすぎたので、恰幅のいいおばさん店員に「あんたどうすんのよ?!」というため息とともに見送られました。

 

f:id:utautan:20170801175712j:plain

 

喫茶スペースはこんな感じです。2階もあるようです。

ザッハトルテの発祥店(?)として有名なので、日本人をはじめとするアジア人が半分くらいを占めていました。

 

喫茶スペースの奥には工場もあるんですが、こちらは撮影禁止でした。

 

f:id:utautan:20170801174846j:plain

 

さて、このケーキは選ばなかったケーキです。

たっぷりのクリームがミルフィーユ的なパイに一層だけ挟まれているもので、夫の胃袋に空きがあれば食べたかったんですが、諦めました。

 

f:id:utautan:20170801180140j:plain

 

いろんなケーキが食べたかったので、私はこのミニサイズのケーキ(1つ2ユーロくらい)を。

どちらも甘さがガツンと来る感じで、右側のケーキはアーモンドペーストを使った食感が特徴的でした。

 

f:id:utautan:20170801180255j:plain

 

そしてこれが、デーメルズ・ザッハートルテです。

スポンジの上にはアプリコットジャムが塗られています。生クリームは別注文で添えてもらえます。せっかくなので、添えました。

 

生クリームは、添えて正解です。

 

ザッハートルテ自体はまるで砂糖菓子のようでした。チョココーティングというよりは、チョコ味の砂糖が固まっているような感じ。アプリコットジャムと、スポンジはちょっと固め。

とにかく甘さが攻撃的なので、シンプルな生クリームと一緒に食べることでやっと滑らかさが追加されます。生クリームは、甘くないのです。

 

デーメルズ・ザッハートルテは全体的にちょっとパサっとしていて、私個人としてはあまり美味しくないなという感じでした。店員さんも冷たい感じだったので、うーん……。

もう一つのザッハトルテ、ザッハーに行くのも楽しみです。