Try Something New

この世界の秘密を見つけ出すために、どんなことでもやってみて、いろんなことを考えます。

おしゃれなニンニク料理って!? ~神楽坂 The garlic dining はじめの一っぽ~

f:id:pinyveful:20171125183109j:plain

こんにちは。うたこの夫です。

乗り物ばかりでなく、今日は食レポでお送りします。

 

世の中では特化ブログが生き残ると言われているのにね。

 

はじまり

先日、職場の後輩が生ける屍のようになっていました。

後輩「ほんと、参りました。」

連日の大仕事で体力的に、精神的にも結構疲れているようでした。ほっといてもたぶん大丈夫だと思いましたが、業後に連れ出すことにしました。

そっちのほうが楽しいし。おれが。

 

さて、やっぱり元気が出る食べ物と言えばニンニクでしょう。それも、歯ごたえを感じるレベルの大きさがいい。

とはいえお店なんかほとんど知らないので、インターネットで調べました。

通勤経路や乗換を考えて、神楽坂にあるにんにく料理の店

The garlic dining はじめの一っぽ というお店に行くことにしました。

 

そうです、私がレストランのレポートをするんです。

おぞましい。

 

The garlic dining はじめの一っぽ

f:id:pinyveful:20171125181541j:plain

公式サイトはこちら

 

飯田橋駅から歩いて10分もかからないほどの距離にあります。

御存じの通り、神楽坂には小さなおしゃれなお店が多いので、迷ってしまいます。

私たちも1回素通りしてしまいました。

 

今はスマホがナビになるから便利ですね。 

 

ちょっと早めの入店。先客は1組のみ。

ところが、我々が着席してから30分で満席になってしまいました。

 

料理

f:id:pinyveful:20171125182233j:plain

 

う~ん、何にしようか迷ってしまうな。

ということで、男二人でPrixfixe Courseにしました。プリフィクスということで、メニューの中から選んで3480円。

結局、別に単品やお酒も頼んじゃうんだけどね。

 

f:id:pinyveful:20171125182355j:plain

 

ガーリックトースト。これを注文するのは基本だよね

パセリだけでなく、ガーリックチップが乗っています。

 

f:id:pinyveful:20171125183623j:plain

 

こちらは、真蛸とマッシュルームのガーリックオイル煮~アンチョビ風味~です。しっかりにんにくが効いています。

 

f:id:pinyveful:20171125183109j:plain

 

「福地ホワイト6片 青森県産にんにくの丸揚げ」

皮をむいていただきます。熱くてホクホクです。

そのままでも惜しかったのですが、3種類の調味料をつけてもおいしいです。

何の調味料だったか忘れましたが。

おいしかったので2皿も食べてしまいました。

 

f:id:pinyveful:20171125183518j:plain

 

岩手県産いわい鶏のスパイシーロースト~フライドポテト添え~ です。

上にかかっているガーリックチップやパセリ、皿にたまっているソース(というか汁というか)をご覧ください。

私が説明しなくても味を想像できますね。

 

f:id:pinyveful:20171125183522j:plain

 

カラスミ・小柱・ルッコラのアーリオ・オーリオです。

ぜいたくな具材のパスタに、ガーリックチップがまたかかっています。

 

f:id:pinyveful:20171125183526j:plain

 

こちらはデザートのにんにくアイスクリーム。アイスクリームなのに、にんにくです。名前とは裏腹に、とってもさわやかな味です。

 

でも間違いなく口の中ににんにくがいる

 

f:id:pinyveful:20171125183529j:plain

 

こちらは後輩が注文した クレーム・ド・ショコラ~キャラメルジェラート~

です。

カタカナばかりで私にはわかりません。

 

会計

ということで、男二人のニンニクディナーでした。

コースとは別に単品料理も頼み、その上それぞれビールを2・3杯飲みました。

それで合計は10000円を少し過ぎる程度だったと記憶しています。

正直言って、安いって程ではない感じですが、雰囲気、味、お店の人との会話、どれをとっても値段以上の価値があります。

できればデートで行きたいお店です。

男二人で来ちゃったけど。

男二人でカウンター席でコースを頼んだ我々は……

 

後輩が元気になって帰ってったから、まあいいか!

ヘンな疑惑がかかっても。

 

お店

以下、公式ページより抜粋

●所在地
 〒162-0825
 東京都新宿区神楽坂4-5

●交通
 JR総武線飯田橋駅徒歩10分
 地下鉄東西線飯田橋駅徒歩10分
 地下鉄有楽町線飯田橋駅徒歩10分
●営業時間
 18:00〜23:30(L.O.22:30)
●定休日
 年中無休
●平均ご予算
 4,500円(通常平均)
 5,500円(宴会平均)

●公式サイトはこちら