Try Something New

この世界の秘密を見つけ出すために、どんなことでもやってみて、いろんなことを考えます。

ミュルツツーシュラークの鉄道博物館「Agentur-SÜDBAHN Museum」

f:id:utautan:20170804103628j:plain

 

軽井沢的な避暑地、ミュルツツーシュラーク駅にやって来ました。ここはブラームスが夏休みを過ごした別荘のある場所です。ブラームスの博物館や、ブラームスの小径というお散歩道があったりします。

 

ゼメリング鉄道は山岳鉄道なので、この看板はミュルツツーシュラークの標高は681.304mっていうことなんだと思います。

 

f:id:utautan:20170804103737j:plain

 

のどかな景色が広がっています。ヨーロッパの田舎って、日本の田舎よりもスパーーーーーっと広くて気持ちが良いです。

色彩も豊かだし。

 

f:id:utautan:20170804103746j:plain

 

ここに別荘があったら気持ちいいでしょうねぇ……。

 

f:id:utautan:20170804103800j:plain

 

途中、水色の電車がやって来ました。夫がたくさん写真を撮っていたので、きっとレアなやつ何だろうと思います。

 

f:id:utautan:20170804105011j:plain

 

ゼメリング鉄道が世界遺産に登録されている証でしょうか。

 

Agentur-SÜDBAHN Museum

f:id:utautan:20170804111143j:plain

 

駅からぐるっと歩いて10分くらいのところにある鉄道博物館「Agentur-SÜDBAHN Museum」に行ってみることにしました。なんか可愛いポストがたくさんありました。

Home, Südbahnmuseum Mürzzuschlag

 

受付で入場料を支払います。一人7ユーロでした。この辺りまでは観光客もあまり来ないらしく、受付の方も久しぶりの英語を使って戸惑っていたようでした。

ちなみに冬季は休業しているようです。2017年11月1日から2018年3月23日は閉鎖しているとのこと。

 

f:id:utautan:20170804111539j:plain

 

お土産売り場もちょっとレトロな感じで可愛いです。

 

f:id:utautan:20170804111600j:plain

 

鉄道博物館はこの羽の生えたライオンが目印のようです。

展示スペースに入ると、鉄道がそのまま置いてあったり、昔の列車の様子なんかが見れたりします。

 

f:id:utautan:20170804112048j:plain

 

ちょっと怪しげな階段を降りていくと……

 

f:id:utautan:20170804112419j:plain

 

列車の中を再現したようなくらい空間が現れました。左右には怪しげな絵が飾られています。

 

f:id:utautan:20170804112347j:plain
f:id:utautan:20170804112343j:plain

 

列車の上で微笑む悪魔や、悪魔に姿を変える機関車など。

 

f:id:utautan:20170804112354j:plain
f:id:utautan:20170804112410j:plain

 

めちゃくちゃ怖いですね。なぜ、機関車や列車が悪魔に……?? 

これ、当時の人たちにはこう見えていたらしいです。機関車ができた当初は事故も多く、大勢の乗客が亡くなっていました。昔の人は、機関車を危険な乗り物、乗ると命を奪われるものと思ったのでしょう。

 

いつの時代も、新しくて便利なものは最初は怖いものなんですね。

 

f:id:utautan:20170804112504j:plain

 

そのほかにも色々な展示物があるので、電車好きだけではなく歴史とか文化とかが好きな人ももちろん楽しめると思います。

 

f:id:utautan:20170804112856j:plain

 

これは一等車に置かれていたソファ。一等車と二等車、全然違うんですよ。お金を持っている人と持っていない人の格差というのも昔からずっと変わらないですね。

 

f:id:utautan:20170804113200j:plain

 

展示物には、英語すら書かれていなかったりするので全部雰囲気で見ていくしかありません。

 

f:id:utautan:20170804113325j:plain

 

当時使われていた機関車ですかね。

 

f:id:utautan:20170804113347j:plain

 

大勢の人を乗せて長い距離を移動して、世の中をガラリと変えてしまったんでしょうね。

 

f:id:utautan:20170804113749j:plain

 

何の解説もできないんですが、とにかくマニアックで面白い展示がたくさんあるので、見にいく価値があると思います。

ものすごい遠いですけど、ウィーンの街中だけではなくこういうところまで足を伸ばしてみるのもいいんじゃないでしょうか。

 

f:id:utautan:20170804114239j:plain

 

外にも展示されています。

さて、展示はこれだけではありません。受付の時にもらったカードキーを使うと、車両庫の中もみることが出来るのです!!! 

明日の記事ではその、よりマニアックな車両庫をご案内します。

Home, Südbahnmuseum Mürzzuschlag