Try Something New

この世界の秘密を見つけ出すために、どんなことでもやってみて、いろんなことを考えます。

“TRY

散歩がてらの池上線

f:id:utautan:20180506161956p:plain

 

こんにちは。うたこの夫です。

今年のGWはどこかに行きましたか?

私はたいしてどこにも行っていません。強いて挙げるなら池上線……?

 

 

 

経緯

GWといえば、私は子供のころからほぼ毎年、群馬の山小屋に行っていました。

ずっと行っていたものだから、私の大事な思い出の場所です。

だけど今年は妻が

 

「あんなところはいやだ」

 

「二度と行かない」

 

などと好き放題おっしゃるので、今年はしぶしぶ東京に残りました。

思い出の場所をディスられた気持ちはケアしてくれるのかな?

 

じゃあどこ行く?

さりとて、どこにも出かけないのは面白くありません。

でもどうせ、都心から日帰りで郊外に出ようとしたらどこも渋滞だろうし、そもそも行きたいところがない。やっぱり山小屋に行きたかった。

 

じゃあ近場で済ませよう。それも歩いていける距離。妊娠中の妻にとっても、ちょっとした運動になるだろう。ちょっと足を延ばして、戸越銀座なんかどうだろう。お店がいっぱいあるから見てても楽しいだろう。

ついでに俺は池上線見てるから。

 

行動開始

自宅から歩くこと十数分。

私にとっては勝手知ったる地元の道。そこからさらにちょっと進んだ程度。

道は知らなくても雰囲気で目的地が分かります。

土地勘が全くない妻は、「ここどこ」を連呼。

地名とか標識とか読まないのかな。

(目的地もルートも全く分からないので、一体何分歩くんだろうと大変不安でした。by妻)

 

 

首都高戸越ランプ付近

中原街道と国道1号の分岐のあたりで、池上線の線路が見えました。

道端では、小さな子供が、おばあちゃんに抱かれて線路をのぞいていました。

 

そして音もなく電車が来ました。

 

 

f:id:pinyveful:20180506000311j:plain

 

新7000系。現在の池上線の主力。

小さな子供は、しきりに手を振っていました。

 

このポイントは、午後は蒲田方面行きの電車の先頭を流し撮りするのに便利です。

レンズは55mm前後あれば十分。

 

戸越銀座駅付近に移動します。

 

戸越銀座駅付近

しばらく住宅街を進みます。角を曲がると、戸越銀座駅が見えます。

 

f:id:pinyveful:20180506000923j:plain

 

また突然現れやがったよ。

7700系です。関東でも最古の部類の電車。

半世紀前のボディに30年落ちの制御機器・足回りのサイボーグトレイン。

正真正銘のボロ電車。でもそんなにボロそうに見えないが魅力。

今回、というか私が池上線に行く最も大きな理由。

 

このポイントで五反田行きの電車を撮影する場合、走り去った後姿を撮るのがよい感じ。

ですが。今回はあまりにも突然なので場所もアングルも決まらず。

 

f:id:pinyveful:20180506001258j:plain

 

でもとりあえず撮っておこっと。

 

戸越銀座を五反田方面に出発した電車は、あと10分強で折り返しの蒲田行きとして戻ってきます。

その間、ちょっとだけ移動。

 

駅の反対側の踏切から。

 

f:id:pinyveful:20180506001448j:plain

 

なるほど、戸越銀座駅に停車する電車がこのように撮れます。

でもなんか標識が邪魔だなあ。

ここで、商店街散策をする妻と別行動。

私は先ほどのポイントに戻り、7700系を待ちます。

 

f:id:pinyveful:20180506001626j:plain

 

練習台こと新7000系。今日は新7000系が多いなあ。

 

f:id:pinyveful:20180506001819j:plain

 

1000系1500番台。

 

 

あっ! 7700系が帰ってきた!

 

f:id:pinyveful:20180506002135j:plain

 

ちょっと早いカットですが、こうやって急カーブからひょこっと顔を出すという感じが、いかにも都会のローカル線らしくて好きです。

 

ひきつけて、前面のアップだあ!

 

f:id:pinyveful:20180506002305j:plain

 

ギャアアアア! 電柱ゥ~!!

腕のなさに泣くしかない。

 

f:id:pinyveful:20180506002047j:plain

 

そしてまた、7700系は蒲田に走っていきました。

 

お昼休憩

7700系を見送った私は、再び妻と合流して、昼食をとりました。

 

twitter.com

 

ラーメンです。

 

 

https://www.instagram.com/p/BiWECf4B1A-/

横浜家系ラーメン食べた!夫の食べた大盛りは私のラーメンのなんと4倍……ほっそいのによく食べること……!! 鶏の脂は濃厚なのにさっぱりだし、トッピングの玉ねぎがいい仕事してるし、すごく美味しかった! 食に静かな夫も珍しく大絶賛!#横浜家系ラーメン #ラーメン

 

家系というのに、あまり脂っこくなく、食べやすかった。

刻み玉ねぎって、味の濃いとんこつラーメンに合うんですね。

 

食後、池上線の運用を調べてみると、7700系は1編成しか動いていないことが判明。

多摩川線に行っても無駄ということもわかりました。

しょうがないなあ。

 

食後の撮影計画

残り時間も短くなってきたので、本日のターゲットを以下の3編成に絞りました。

・7700系(05F):いわずと知れたサイボーグボロ電車

・1000系(12F):remy五反田10周年広告付き

・1000系(17F):旧塗装風ラッピング

撮影場所は、最初の写真の場所、戸越ランプ付近に決定。駅から5分ほど歩きましょ……と歩き始めた途端。

 

f:id:pinyveful:20180506003505j:plain

 

また君か。

いきなり来るのやめてくれないかなあ。

 

f:id:pinyveful:20180506003720j:plain

 

f:id:pinyveful:20180506003805j:plain

 

再び:首都高戸越ランプ付近

最初の場所に戻った私たち。

さっきの7700系が終点の蒲田に到着後、五反田行きとして折り返して終点の五反田に到着、そしてまた蒲田行きとして通過していく様子を撮るまで待つことに。

つまり、池上線1往復分(約1時間)の待機時間。

その間に、1000系の12Fと17Fが来る予定。

撮影の待ち時間が少ないのも、池上線の魅力です。

 

ターゲットのうち、最初に来たのが12F。

五反田方面は逆光気味なので適当に撮影。

 

f:id:pinyveful:20180506004418j:plain

 

ヘッドライトも行先方向幕も交換してるんだね。

 

そして10分後、その折り返し。

 

f:id:pinyveful:20180506004253j:plain

f:id:pinyveful:20180506004255j:plain

 

ナイス絶壁顔。

銀の箱に赤の線。いかにも東急電車って感じ。

 

何本か過ぎた後、今度は17Fが来ました。

例によって、五反田方面は記録程度の雑撮影。

 

f:id:pinyveful:20180506004701j:plain

 

写真が全体的に暗く見えるのは、顔が逆光だから。

 

そして10分後、その折り返し。

 

f:id:pinyveful:20180506004758j:plain

 

運転士さん、よほどまぶしいのでしょうか。カーテンが半分も閉まってます!

 

そして最後にきた7700系。

 

f:id:pinyveful:20180506004922j:plain

 

右手に民家のフェンスがあり、それを映さないようにすると、ギリギリ編成も写り切らない。

まあいいや、どうせこっちはアテにしてないから。

 

そして10分後、その折り返し。

 

f:id:pinyveful:20180506005110j:plain

f:id:pinyveful:20180506005107j:plain

f:id:pinyveful:20180506005132j:plain

f:id:pinyveful:20180506005146j:plain

 

オマケで後ろの顔も撮ってやった。やっぱり暗い。

まあいいや。これで今日の目標達成。

 

隣で待ちぼうけをしていた妻が眠そうにしていました。

付き合わせちゃってごめんよ。

 

今後の目標

7700系の写真を撮りたいです。

特に、いわゆる「歌舞伎」を。

 

f:id:pinyveful:20180506010001j:plain

 

私がカメラを持って出かけると、絶対に雪が谷大塚で寝ているマンだからね。

営業運転中の様子を撮りたいと思います。