読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Try Something New

この世界の秘密を見つけ出すために、どんなことでもやってみて、いろんなことを考えます。

【セブ旅】見飽きぬ景色を求めて セブ島初上陸!

こんにちは、常夏の国へいざ、うたこです。

エバー航空を使って台湾経由でやってきたのは、なんと、セブ島です!! セブ島といえば、フィリピンにある島で、日本人が英語の勉強のためにやたら留学してくる場所ですね。私は清潔で都会的な場所が好きなのですが、それとは真反対の場所にやってきました。

ここが、セブ。

空が青い。そう、セブ島は大体いつも夏。

f:id:utautan:20161007090901j:plain

飛行機から降りて、空港内を歩きます。この時点で不安があふれます。空港といえば国の顔、そんな場所でもこんなに簡素な作りであり、学校の廊下のように薄暗い! セブ島、トイレに便座がないこともあるらしい…。私は果たしてこのセブ島で無事に過ごすことができるのでしょうか。

f:id:utautan:20161007090902j:plain

ウェルカム的な看板が階段に設置されているのはどこの国でも共通のようですね。

f:id:utautan:20161007090903j:plain

日本円をペソに換金しました。6日間の滞在で15,000円使用しました。1ペソが大体2.4円ほどです。物価は、とにかく安いです。日本の半分から3分の1くらいの感覚ですね。

f:id:utautan:20161007090904j:plain

日本の夏とあまり変わらない温度、湿度! 何も違和感を感じません。日本のままや。外国らしい香水のキツイ匂いがデフォルトです。車は割と適当な見た目をしています。ベコベコしていても、汚れていても、特に気にしていない感じ。

f:id:utautan:20161007090906j:plain

空港を出るとタクシーがずらりと並んでいました。セブ島の街まで40分くらいかかりましたが、タクシーは250ペソです。つまり、500円ちょっと!!! やっす! 怖! 

f:id:utautan:20161007090907j:plain

街中の景色は何もかもが新鮮です。パリやロンドンに行った時ももちろんキョロキョロしながら過ごしましたが、それでも都会っぽさは日本と同じような感じでした。セブ島は、何じゃこりゃ! の連続です。

f:id:utautan:20161007090908j:plain

そして、車の運転が死ぬほど荒い!!! いや、一周回って全然死なないんだけど、反対車線から車が来ていてもその車線を直進していくこともあります。速度はそこまで出ていないですが、クラクションを「通りまっせー」程度のニュアンスで使います。ある意味、みんなめちゃくちゃ運転がうまい。歩いている人間同士がガツガツぶつかったりしないのと同様に、車同士もぶつからない、っていうような感覚! すごい面白い。不思議、見慣れない景色に刺激MAX!!! 

 

ということで、今日から数日間セブ島探検記をお送りします。