Try Something New

この世界の秘密を見つけ出すために、どんなことでもやってみて、いろんなことを考えます。

食べることには飽きない 育てて食う!! ラディッシュ育成キットをもらいました

こんにちは、先日めでたくアラサー入りをしたうたこです。誕生日プレゼントに、仲良し女子(*共にアラサーを生き抜くために切磋琢磨し生の苦しみを分かち合っている)たちにラディッシュの育成キットをもらいました。

折角一人暮らしを始めたので何か緑のものを家に置きたい、そして折角育てるなら食べられるものがいい! と考えている私にぴったりなプレゼントでした。ありがとう。

grow&eat!!!!!

って、書いてあるね。育てて食う! 銀の匙にあった、子豚に「ベーコン」って名前つけて育てて食べるくだりを思い出しますね。人間は本当に色々な動植物を食べて生きていることを再認識しますね。とはいえ「grow&eat!!」ってなんかワイルドな表記でいいね。育てて食ってやる!!!!!!!  

ということで、開けてセットしてみるよ!!!

f:id:utautan:20150614161340j:image

これが一式。

  • 説明書兼箱
  • 鉢(エコな仕様になっているらしい)
  • 肥料

が入っています。

まずは鉢に土をセットします。

f:id:utautan:20150614161350j:image

 

*キッチンでやっちゃだめ

 

ベランダとか庭がある人はお外で開封することをおすすめします。キッチンが土まみれになりました!w まぁ、将来的に食べ物になるわけだからキッチンでもいいか・・・。

 

まだもふっもふとしている土を鉢にいれ、水をたっぷりかけます。水が鉢の下の受け皿にどんどん出てきます。土はぎゅぎゅっとしておくと根が太くなるらしいので、説明書の指令通りにぎゅぎゅっと土を押し込んでいきます。

では、次に種を植えましょう。

f:id:utautan:20150614161439j:image
 
マジックカット こちら側のどこからでも切れます
 
植物の種の袋に使われているとなると多少の違和感がありますね。これが種です。思ったより沢山入っていました。はえてくる種とそうでない種があるということなのでしょうか。減ることを前提で大量に産んでおく、というのはどんな動植物でも同じなのですね。
これを先ほどの土の上に、重ならないようにまいて上から薄く土をかける・・・ということなのですが、まず種を土の上にのせた状態がこれです。
f:id:utautan:20150614161523j:image
種、多いなー。思ったより土の上を支配していますね。そして、上からかける土っていうのがどこにもないんですが、一体どうすればいいのでしょう? 
どうしようもないので、表面部分の土と種をかき混ぜるようにしました。うーん、合ってるのか全然わからない! 
f:id:utautan:20150614161532j:image
土と種がなんとなく混ざった状態です。土の中に種が入っていないんですが・・・うーん、まぁ、こっからにょろっとはえてきて、ということでいいのかな・・・? 
植物を育てた経験がなさすぎてさっぱり分かりませんね。まぁ、いいや。
このまま2~3週間おいて、芽がそれなりに出てきたら間引きとかしていくみたいです。ラディッシュ先生の続編に、こうご期待!