読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Try Something New

この世界の秘密を見つけ出すために、どんなことでもやってみて、いろんなことを考えます。

アイエエエ!! Twitterから始まったニンジャスレイヤーがスゴイ人気コワイ!

遊ぶ

イヤーッ! グワ―ッ! うたこです。Twitterから発生した「ニンジャスレイヤー」という小説のようなもの、みなさんはご存知でしょうか。

元々は海外に原作者がいて、それを見た翻訳チームの人たちが超おもしれぇ! ってなって翻訳した内容をTweetしてたらなんかすごい人気になって書籍化されたりアニメ化されたりしようとしているものです。(すげぇざっくり)以下、Wikiより。

ニンジャスレイヤー』(NINJA SLAYER[1])は、ブラッドレー・ボンド(Bradley Bond)とフィリップ・ニンジャ・モーゼズ(Philip Ninj@ Morzez[2])のアメリカ人コンビによるとされるSF小説。ジャンルは「サイバーパンクニンジャ活劇小説」。

2010年より本兌有、杉ライカをはじめとした有志らが日本語訳をTwitter上に連載している(後述)。

2012年にはエンターブレイン(現KADOKAWAエンターブレインブランドカンパニー)から日本語版書籍の出版がスタートした[3][4]

2014年4月にアニメ化が発表された。

 

 

 

私は書籍を借りて読みましたが、独特なワードと語り口に最初はなかなか馴染むことができず非常に苦戦しました。しかし、段々と「いい感じに日本らしさを皮肉っている」ということが分かってきてからはかなり面白く読むことができました。

この、導入部分で読者が精査される感じ、なんかジョジョとか進撃の巨人もそうだなぁ・・・なんて思いながら。

人気キャラのヤモト・コキやニンジャスレイヤーはフィギュアもあります。かっこいい。

 

基本売り切れててまじですごいなと思うwwww

今からでもまだなじめるかもしれません! まずは気楽にTwitterから見てみてください。

www.ninjaslayer-animation.com