Try Something New

この世界の秘密を見つけ出すために、どんなことでもやってみて、いろんなことを考えます。

自由が丘『パティスリー・パリ セヴェイユ』に行ってきた

自由が丘にはモンブラン発祥の店『モンブラン』をはじめとした有名なパティスリーが点在していますが、その中の一つ、『パティスリー・パリ セヴェイユ』に行ってきました。

パティスリー・パリ セヴェイユ

f:id:utautan:20151216000112j:plain

食べログの点数もかなり高く、東京都内のケーキ屋さんでは上位5位になっているお店です。外観はとても高級感があります。

イートインスペースもあるのですが、休日ともなると常に満席なので利用することはかなり難しいです。角席はかなりこじんまりと収まっており、ゆったりと楽しめるカフェとまではいかない印象です。

イートインで食べるなら、フォンダンショコラがおすすめです! とろりと流れ出る濃厚なチョコレートは、カカオの苦味と風味を存分に味わえる濃厚な仕上がりです。

f:id:utautan:20151216000113j:plain

焼き菓子や生ケーキの価格帯は全体的に高めです。それでも、大勢の人が次々とケーキを購入して帰っています。

私はどれも高くてひるんでしまったので、パンオショコラを買って帰ることにしました。生ケーキは600〜700円ほどするので、それと比べると265円のパンオショコラがとても安いように感じます。

f:id:utautan:20151216000128j:plain

何層にも重なった薄いパイの層はまるでアンモナイトのようです。

『パティスリー・パリ セヴェイユ』のパティシエ、金子美明(かねこ よしあき)さんは、中学卒業と同時にパティシエを目指してルノートルというパリ発のサロンドゥショコラにて修行を開始しました。1990年代には、国内有名店のシェフパティシエになっていたそうです。

1990年にフランスへ行き、パリでも有名なパティスリーにて修行をした後、2003年にここ、自由が丘にて『パティスリー・パリ セヴェイユ』をオープンしたそうです。

中学卒業の時点で自分のやりたいことが決まっていて、しかもそれを結構な速度で実現しているのが本当にすごいですね。有名店であることもうなづけます。

いつ行っても混んでいるのですが、自由が丘を訪れた時には一度は足を運んでみることをおすすめします! 

店舗情報

アクセス 東急自由が丘駅より徒歩3分
営業時間 10:00~20:00
定休日 なし

食べログ

パティスリー・パリ セヴェイユケーキ / 自由が丘駅九品仏駅奥沢駅
昼総合点★★★★ 4.0