Try Something New

この世界の秘密を見つけ出すために、どんなことでもやってみて、いろんなことを考えます。

ウィーンの伝統的なカフェで伝統的なウィーンのケーキを。

f:id:utautan:20170803115440j:plain

 

懲りずにカフェにやってきました。何日もずーっと食べ歩いてばかりなのでそろそろ胃袋は限界です。更に、夫は甘いものは食べてくれないので1人で頑張るしかありません。

それでも、ウィーンでまだ食べ損ねているケーキがあるのです……。

 

Gerstner K.u.K Hofzuckerbacker

f:id:utautan:20170803115747j:plain

 

こちらのお店は、かなりケーキ屋さんよりのカフェです。というより、イートインスペースのあるケーキ屋さんといった感じ。エメラルドグリーンで統一された店内は可愛らしいです。

 

f:id:utautan:20170803115757j:plain

 

ケーキ以外にもチョコレート菓子やマカロンもあります。色使いが海外っぽい。

 

f:id:utautan:20170803122651j:plain

 

イートインスペースへはエレベーターか螺旋階段でのぼっていきます。店内のインテリアもいちいち可愛いのでずるいなぁという感じです。おしゃれ具合が半端ない。

 

f:id:utautan:20170803122659j:plain

 

階段の踊り場にはフランツ・ヨーゼフ1世やエリザベートのグッズも販売されていました。

 

f:id:utautan:20170803122410j:plain

 

イートインスペースでは、これまた可愛いテーブルと椅子に座ってから注文するスタイルです。


f:id:utautan:20170803115846j:plain

 

ソファとかがいちいち可愛いんですよ!! 色合いも絶妙です。

 

f:id:utautan:20170803120323j:plain

 

壁にはフランツ・ヨーゼフ1世の絵が。

シシィが大好きだったすみれの砂糖漬けも販売されています。さらに、店内2階からはオペラ座のエキシビションを見ることもできます!

タイミングよく利用するのがいいですね。オペラ座で提供されているケータリングと同じものも食べられるそうです。

 

f:id:utautan:20170803120501j:plain

 

ついに手を出しました。アプフェルストゥーデルです。アップルパイの皮が薄いやつっていう感じでした。

 

f:id:utautan:20170803120514j:plain

 

ことこと煮込まれたりんごは、日本と比べると甘酸っぱいです。量はかなり多いので、めちゃくちゃ苦しくなりました。

 

f:id:utautan:20170803120520j:plain

 

粉砂糖もたっぷりかかっています。美味しかった! 

 

f:id:utautan:20170803120528j:plain

 

もう一つ食べたかったのがこちらです。アプフェルストゥーデルと同様に粉砂糖がたっぷりかかっていますが……。

 

f:id:utautan:20170803120539j:plain

 

これは、カルディナールシュニッテンというケーキです。メレンゲをたっぷり混ぜ込んで焼き上げた生地の間に、バニラクリームをたっぷりサンドしてあります。

 

表面サックリふわふっわの生地に、とろりととろけるクリームがたっぷり! 日本で食べた時にその美味しさに衝撃を受けました。

 

f:id:utautan:20170803120834j:plain

 

ウィーンのカルディナールシュニッテンは、甘さこそちょっと強いものの味わい濃厚で美味しかったです。ウィーンの伝統菓子で、ウィーンのお菓子の中では軽い食べ心地が特徴です。

 

いやぁ、それにしてもたくさんのケーキを食べました。概ね満足です。

 

www.tripadvisor.jp