Try Something New

この世界の秘密を見つけ出すために、どんなことでもやってみて、いろんなことを考えます。

「4」で表現する、鉄道模型の自由。

 

f:id:pinyveful:20180317220614j:plain

 

こんにちは。うたこの夫です。

今日は私の趣味である、鉄道模型に関する考え方について、つらつら書き遊んでみます。

(世界観がものすごくマニアックなので、これを読んで理解できる方はぜひ夫とお友達になってください。byうたこ)

 

そもそも鉄道模型とは

その運行が、法規などにガッチガチに固められた鉄道とは違い、鉄道模型は自由なものです。

動けばいいんだもの。

線路に電気を流し、それを車輛に通電させて、モーターを回す。

最初は、駅も信号もいりません。想像で補っていました。

ただ電車の形をした模型が、床やテーブルの平原に敷かれた線路に沿ってトコトコ走っていくだけです。

そこには町も山も海もありません。それだけなのに、眺めていると無限の旅路を感じさせる……。

 

f:id:pinyveful:20180317221433j:plain

 

運転手はオレだ、車掌もオレだ、駅員もオレだし乗客もオレだ。

多くの人がそうやって鉄道模型にハマっていったはずです。

私だってそうでした。(駅はあったけど)

 

それなのに

いつの頃からか、短い編成に飽き足らなくなり、実物通りの編成を揃えだしました。

いつの頃からか、デフォルメされた模型に飽き足らなくなり、パーツをつけ足したり加工したりしました。

 

f:id:pinyveful:20180317221545j:plain

 

いつの頃からか、既製品では飽き足らなくなり、車輛を自作するようになりました。

(高価な新製品車両は買わず、手持ちの旧製品や中古市場にあるものをもとに改造もしています。)

いつの頃からか、製品の走行性能では飽き足らなくなり、高価なパワーパックを購入したり、車輛間通電を試みたりしました。

そしていつの間にか、「実物同様」を追い求めている自分がいました。

けれども、そこに自由はあるのでしょうか。

私はある時、思い出しました。

 

思い出した事実

それは、

雰囲気があれば、それっぽい

ということ。

 

鉄道模型の入門セットについている編成は、だいたい3輌か4輌編成。

実物通りではなくても、そう見せられる雰囲気を感じますよね。

フル編成でなくったって、その雰囲気があれば、そう見える。

ショーティーモデルが売れているのは、そういうことの証拠だと思います。

 

ならば

そこで提案するのが「4輌で再現遊び」です。

フル編成で持っている車輛のうち、その編成を象徴する4輌を選んで組成する遊びです。

そこには、モハユニットや引き通しなどの考えは不要。

必要なのは、「雰囲気」「動くかどうか」だけです。

要するに、「基本セット」に立ち返る遊びです。

 

「ベーシックセットEX 90112」の画像検索結果

↑ 私の鉄道模型の原点。父親が突然買ってきたベーシックセットEXⅡ

 

作例① 201系(中央総武緩行線)

f:id:pinyveful:20180317215348j:plain

 

普通過ぎて普通です。実車の増結編成と何ら相違なし。イメージ通り。

 
作例② 113系(横須賀線)

f:id:pinyveful:20180317215757j:plain

 

「ピカピカの2階建てグリーン車があるボロ電車」という個人的なイメージを再現。

サロを入れるためにモハをユニットで入れることを諦めました。

 

作例③ 681系

f:id:pinyveful:20180317215858j:plain

 

3輌単位の形式。ここは思い切って基本編成だけのデフォルメに徹する。でも3の倍数じゃないから違和感が残ります。

 

作例④ railjet(spirit of Vienna)

f:id:pinyveful:20180317220047j:plain

f:id:pinyveful:20180317220223j:plain

 

1116+Bmpz+ARbmpz+Afmpz

食堂車にするか2等車にするか迷いましたが、編成中のアクセントとして食堂車を選びました。イメージ通り。

 

作例⑤ ICE3(Dormund)

f:id:pinyveful:20180317220244j:plain

 

403.5+403.3+403.1+403.0

railjet同様、編成中のアクセントとして食堂車を選びました。イメージ通り。

 

作例⑥ ユーロシティ(EC163"Transalpin")

f:id:pinyveful:20180317220306j:plain

 

1116+Bmz+WRmz+Apm

ÖBBの機関車、2等車、食堂車に、SBBのパノラマ1等車です。多分これはÖBB客車の最後尾にSBBパノラマをつなげれば何でもTransalpinになっちゃうような……

 

さいごに

いかがでしょうか、「4輌で再現遊び」。

 

増やすではなく、減らす思考。

 

あなたにとってのその列車の魅力は何?

 

その列車の「要点」はどこ?

 

鉄道模型相手に、真剣に考え、悩むことができます。

増やすのはお金を使えばできちゃうけど、減らすのはココロとアタマを使わなければできません。

愛情深め、センスを高める遊び……とは言い過ぎかな。

とにかく、短い編成なら狭いスペースでも楽しめますし、これから集めるという人も、あまりお金をかけずに楽しめそうです。